2016年11月

【超衝撃】マスコミが逮捕されたASKAの車を破壊する → コレは酷すぎる・・・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/29(火) 16:16:25.06 ID:CAP_USER9
http://www.j-cast.com/2016/11/29284720.html?p=all
no title


「ちょっ、危ない!」「下がって!!下、が、れ!!」――。覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)の自宅周辺では、一時、報道陣によるドタバタ劇が繰り広げられた。

警察官を巻き込む押し合いへし合いの中、ガレージから出ようとした車のエンブレムが折れてしまう場面も。インターネット上ではマスコミに対する厳しい声が相次いでいる。

中継カメラは後頭部や機材のドアップを映し...

2016年11月28日夕前、東京都目黒区にあるASKA容疑者の自宅前には100人を超える報道陣が集まった。外出中だった容疑者は、18時半ごろタクシーで帰宅。それから約20分後、容疑者を後部座席に乗せたベンツが車庫から出ようとしたが――

その時だった。報道陣がシャッターの開きかけたガレージめがけて突撃し、続々と中へなだれ込んだ。各テレビ局の生中継映像は、それから数分間の混乱を臨場感たっぷりに伝えていた。

交通整理のために配備された警察官たちは、「危ないですよー!下がりなさーい!」「下がって!!下、が、れ!!」と叫び、笛を鳴らす。しかし報道陣は「ちょっ、危ない!」「危ない危ない」などと言いながら前進し、リポーターは声を張りながら現場の様子を伝える。中継カメラも報道陣の大群をとらえるのがやっとの様子で、後頭部や機材のドアップが映ったり、何も捉えていないブレブレの映像が放送されたりした。

あまりのパニックに、車は出発を断念。降車したASKA容疑者は報道陣の問いかけに「やってません。使ってません。間違いです、間違いです」と答えながら一旦自宅へ戻った。報道陣の前に再び姿をみせたのは20時半ごろ。そのまま警察の車両で警視庁へ移送され、21時13分に逮捕された。
「どうかと思う」「器物破損じゃないのか」

インパクトのある中継映像が放送されると、インターネット上では

「ガレージ開いた瞬間に報道陣がなだれ込んでてなんか異常...」
「下手したら業務執行妨害やがな」
「何より気持ち悪かったのはそこに押し寄せてたマスコミ。あの光景はひどい」
といった報道陣に対するネガティブな声が続々と上がった。

特に注目を集めたのは、ガレージから出ようとしたベンツにあったエンブレムだった。TBS系の情報番組「Nスタ」では、ボンネットに付いていたはずのエンブレムが地面に落ちている様子を伝えた。おそらく混乱の中で折れてしまったのだろう。さらに同番組では複数の人々がエンブレムを踏んでいく場面も映していただけに、ネット上では、

「人様のベンツのエンブレム折って踏みつけるのはどうかと思う」
「エンブレム破損って器物破損じゃないのか」
といった厳しい声も相次いだ。

裁判傍聴芸人の阿曽山大噴火さんは28日夜、ツイッターで「皆さん、ニュースを見て改めて分かりましたね。覚せい剤なんか絶対にやっちゃダメです。違法薬物に手を出すと副作用として、ベンツのエンブレムをへし折られます。ダメ、ゼッタイ」と皮肉った。

ただ、ASKA容疑者はもともと国民的な人気歌手であり、現在は執行猶予中(14年9月に覚せい剤取締法違反罪で懲役3年、執行猶予4年が確定)だった。さらに当日は再逮捕報道に反論するブログを直前まで更新しており、逮捕への関心が高まっていたのも事実だ。

title="この記事の続きを読む">

【超驚愕】ASKA容疑者が「盗聴国家・日本」というテーマで著書執筆中だった事が判明 → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

f2be785f-s

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/29(火) 05:57:05.00 ID:CAP_USER9
ASKA容疑者 覚せい剤で逮捕

最近のASKA容疑者は著書を執筆していた。関係者によると、テーマは「盗聴国家・日本」だった。
今年に入ってブログで主張していたように、自身の盗聴・盗撮被害を告白し、半生もつづるという内容だったという。

出版は年明けに予定し、執筆作業は大詰めを迎えていた。
この日も執筆していたとみられ、午前中に知人に電話で「今、一生懸命書いているんだ」と報告。
知人は本紙に「とにかく元気いっぱいだった。逮捕が迫っているような感じは一切なかった。
出版社との信頼関係が良好で、筆が進むと言っていた」と明かした。

ASKA容疑者は1月、自身のブログに全20章、約9万5000字の長文手記を掲載。
これは出版社に持ち込んだが、洋子夫人の反対などもあって書籍化されなかったもの。その後も諦めきれずに自ら出版各社に売り込んだ。
断った出版社の関係者は「日本が盗聴国家だと訴えたいASKAさんと、ASKAさんの半生を描きたい版元の意見が折り合わなかった」と語った。
出版社が決まったのは半年ほど前だったという。

一方で、8月からは本業も再開した。来年1月、13曲入りのアルバムをインディーズで発売することを発表。
自らバンドメンバーを集め、福岡にレコーディングスタジオを借りて、東京と福岡の行き来を繰り返した。
ブログでは楽曲制作の経過を随時報告し、27日には、収録予定の新曲を12月下旬にユーチューブ上で先行公開することを予告したばかりだった。

数百万円という費用は全て自身で持ち出した。関係者は「アルバムと著書を同じ時期に発売することで、完全復活をアピールする狙いだった」と説明。
どちらもお蔵入りになるとみられ有罪判決から約2年後の完全復活計画はもろくも崩れた。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/29/kiji/K20161129013813240.html
2016年11月29日 05:30

title="この記事の続きを読む">

【衝撃】女優・深田恭子と亀梨和也が来春に結婚へ → それがコチラwwwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/29(火) 16:02:36.01 ID:8f33Jk2P0
no title


深田恭子(34)が『KAT-TUN』の亀梨和也(30)と、来春に結婚を強行しようと狙っているという。

深田と亀梨は、2015年1月に公開された映画『ジョーカー・ゲーム』や、同2月から放送していた連続ドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)で共演して親しくなり、
深夜にデートを繰り返していた。そして、結婚を意識した交際に発展しているという。

「11月17日発売の『女性セブン』が、交際が1年に達していることや、都内の高級マンションで過ごしていたかのような記事を掲載しました。
深田は11月2日に34歳になり、アラフォーまで1年を切っています。周囲には『絶対、アラサーのうちにお嫁に行く』と宣言しているそうで、
相手は現在交際中の亀梨という意味でしょう」(芸能ライター)

「深田は結婚願望の強いため、いざとなったら仕事よりもプライベートを優先するはずです。結婚のタイミングは、下剋上受験』の収録、
または放送が終了した来年3月か4月ごろを狙っているでしょう」(芸能事務所幹部)

深田が1日も早い結婚を意識しているのは、ほかにも大きな理由がある。

同じ芸能事務所に所属していて犬猿の仲、永遠のライバルとされる優香(36)の存在だ。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20161128/Myjitsu_012977.html

title="この記事の続きを読む">

【衝撃画像】覚せい剤で再逮捕されたASKAの頭頂部がコレwwwwwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/28(月) 22:15:34.11 ID:nPAdctlQ0
no title

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村