ゲゲゲの女房

【超悲報】女優・松下奈緒がいまだ独身な理由がコチラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

main1

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/03/09(木) 17:56:49.29 ID:CAP_USER9
 女優・松下奈緒(32)が8日、東京・銀座の松屋銀座で開催中の「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」(20日まで)を鑑賞した。

 人気漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者で知られる漫画家の故水木しげるさんの生前のさまざまな品を展示し、その人生を振り返るというもの。水木さんが少年時代に描いた絵や、太平洋戦争に従軍した時に持参したゲーテの文庫本、なじみ深い妖怪の原画など、いずれも貴重なものばかりだ。

 松下のブレークのきっかけは、2010年にNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」に主演したこと。それだけに「今でも印象的だったのは、お会いして最初に『背が高いなぁ~』って言われたこと(笑い)。演技については『やりたいようにやってください』と言われて、のしかかったプレッシャーがとけたことを覚えています」と感慨もひとしおだった。

 同ドラマは水木さんの妻・武良布枝さんの自伝エッセーが原案。夫婦寄り添って歩んだ人生だったことを、今回の展示会であらためて認識したようで、「私も水木先生のような男性はいいなぁと思います」と語った。

 松下といえば、神々しいほどの美貌とモデル並みのプロポーション、そしてピアニストとしても活躍するなど、多彩な才能を発揮している。これほど魅力的なのに、不思議なのは浮いた噂がとんとないこと。

 芸能関係者が言う。

「もちろん、これまでも彼氏がいたことはあるんですが、タイミングが合わず長続きしないそうです。女優デビューした2年後に事務所を移籍でしょ? ご両親が20代でご結婚されているので、本当は松下さんも25歳までにしたかったそうですが、その年にちょうど『ゲゲゲの女房』があった。その後、一気に仕事が増えてしまった。今では仕事が恋人といったところでしょうか」

 松下が実生活で女房になる日は、まだまだ先になるかも…。

2017年03月09日 16時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/660863/
no title

title="この記事の続きを読む">

【超衝撃】いきものがかりの活動休止の『本当の理由』がコチラ・・・・・・・・・・・・・・・・・

20100521150918_0 (1)

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/01/10(火) 12:10:47.86 ID:CAP_USER9
2010年のNHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」の主題歌「ありがとう」や、12年ロンドン五輪のNHKテーマ曲「風が吹いている」などのヒット曲で、近年はNHKお抱えグループのようなイメージもあった3人組Jポップバンド「いきものがかり」が、9年連続出場となった昨年の「紅白歌合戦」を最後に、年が明けた1月5日に「放牧宣言」を発表、よもやの活動休止を明かした。

「紅白や民放の歌番組ぐらいでしか彼らを聴かないようなライトなファン層は、まさかの活動休止に驚いているようですね。いきものにかけた『放牧』という表現は、近いうちに戻ってくる、再活動もあると示唆しているわけですが、業界内では事実上の解散だとする声も多い」(芸能誌記者)

 実はバンド内の仲の悪さはメンバーも認めているほど、ファンには知れ渡っていたといういきものがかり。メンバーの1人、山下穂尊(ほたか)は昨年春に「一般的な印象として3人は仲良しと言われていますが、真逆。仲良しではない」と、キッパリ語っている。この発言には、以前から“不仲”を疑っていたファンもさすがに驚いたという。

「バンドの解散はよほどの性格不一致ではない限り、バンド内のパワーバランスが崩れて修復不可能になった時に起こりえる事態。“いきもの”の場合は、メジャーになるにしたがって、ボーカルの紅一点・吉岡聖恵(きよえ)ばかりが世間に顔が知られるようになった。

 ブレイクした直後の紅白の舞台裏でも、彼女ばかり特別扱いされていたと暴露されていましたね。最初は笑い話だったと思いますが、それが重なるにつれて、男性2人が“面白くなくなる”のもうなずける。しかも、最近はギャラで揉めているというウワサもありますし、吉岡が事務所の方針で女優活動に力を入れ始めているという話もあります。それに、メンバーがファンを顧みず公の場で『仲良しではない』と語るのは、いつの時代も解散寸前を意味していますから、いきものがかりはとっくに死んでいたと言われてもしかたありませんね」(女性誌記者)

 今回の活動休止を惜しむ声も多いが、一方で「仲の悪いイメージでは聴き辛い曲ばかり」「表は爽やか、裏はドロドロってやつですか?」「曲も作らない吉岡がスター気取りだったからな」など、彼らをよく知るファンほど、さもありなんの感想を発している。

 作曲家印税などでは、大半の曲を手掛けるリーダーの水野良樹が一番“潤っている”だけに、たった3匹とはいえ“飼育代”のバランスが崩れていたのは間違いなさそうだ。

(小机かをる)

アサ芸プラス2017年1月10日10時40分
http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_73367

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村