パリ

【超速報】パリ発カイロ行きのエジプト航空機が行方不明 → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/05/19(木) 12:57:55.62 ID:VQXP0Dql0● BE:176295939-BRZ(12000)

title="この記事の続きを読む">

【悲報】女優・中山美穂の悲惨な末路をご覧ください・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダウンロード

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/03/06(日) 22:13:41.19 ID:CAP_USER*.net
仏パリ在住の女優、中山美穂の一時帰国中の言動に、所属事務所も手を焼いているという。
中山といえば、一昨年7月に息子の親権を手放し、芥川賞作家でミュージシャンの辻仁成と離婚。
離婚成立前の同5月に中山は、音楽家の渋谷慶一郎氏とキスする様子を「女性セブン」(小学館、同6月5日号)に報じられ、不倫疑惑が浮上した。

「すでに“離婚秒読み”とメディアが騒いでいた渦中のことでもあり、中山の無防備で軽率な行動には事務所関係者も相当おかんむりでした。
中山の所属する事務所は、AKB48所属の島崎遥香を含めて所属タレントが4人ほどの小規模なものですが、
芸能界で大きな影響力を持つ大手事務所系列・Aの後ろ盾があることでも知られています」(テレビ局関係者)

そもそも中山の離婚は、一昨年3月にスポーツ紙が「離婚に向けて話し合い中」とスクープ報道したことで明るみとなった。
その理由について当初、辻の中性化や辻の不倫疑惑などとされ、すべての原因は辻側にあるというものだった。

「当初の報道は、離婚の原因を週刊誌などにしつこく探られ中山に非があることがバレないようにするために、中山サイドがスポーツ紙に情報を流したものです。
芸能事務所の常套手段ですね。離婚成立前にあんな不用意な行動をとらなければ、そのまま辻を悪者にしてさっぱり離婚するはずでした。
しかし、せっかくそこまでお膳立てした事務所の苦労は中山の軽率な行動でパーに。それどころか、中山には“愛息をあっさり捨てて、別の男に走った”というイメージが定着してしまいました。

タレントと事務所の大きな収入源は、CMやイメージキャラクターなどの広告。
ただでさえパリ在住とあってあまり働かず仕事が激減しているのに、イメージダウンでさらに仕事が減れば事務所の収入に与える影響も大きい。
事務所も当時はなるべく派手に扱わないようにメディアに働きかけていたようですが、
さすがに中山本人に対してもかなり抗議したようです」(中山の事務所の事情を知る会社関係者)

●辻との格差広がる

そんな中山だが、昨年12月には渋谷との破局も報じられ、今月1日には日本で約2年ぶりに公の場に登場した。

中山が登場したパリの老舗トランクメゾンの日本第1号店オープニングイベント関係者によれば、
「破局報道後としてはメディアの前に姿を見せるのは初めて。民放全局、スポーツ紙、週刊誌などほぼすべての主要メディアが来てくださって、大盛況でした」という。

「現場には事務所Aの関係者が姿を見せており、報道陣の動きに目を光らせていました。
一方で、当の中山本人は左手薬指に大きなデザインリングをハメて現れ、現場にいた報道陣をザワつかせていました。
当然ながら記者たちから指輪の詳細について質問攻めを受け、中山の事務所関係者は本人のいないところで『バカじゃないの!』と愚痴っていましたよ」(イベント関係者)

さらに、事務所の事情を知るテレビ局関係者は語る。

「事務所は、中山が渋谷と破局したことは認めています。
今回の破局報道も、おそらく事務所が流したものでしょう。
事務所としては、渋谷と別れさせて中山さんを一度“真っ白”に戻して、もっと働いてもらうための強行手段でしょう。
もしかしたら指輪の件は、こうした事務所の行動に反抗する意思表示だったのかもしれません」

離婚から約2年。辻が作家活動に加えてテレビやライブなど精力的に活動し活躍する一方、中山の迷走ぶりがいっそう際立つ。

http://dailynewsonline.jp/article/1099392/
ビジネスジャーナル 2016.03.06 17:30

title="この記事の続きを読む">

【超速報】テロ後のパリ行き航空券がとんでもない事になってると話題に → それがコチラ(※画像あり)・・・・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2015/11/19(木) 14:01:32.78 ID:YEvtvzcor.net
no title

title="この記事の続きを読む">

【悲報】作家・乙武洋匡に批判殺到して大変な事に → その衝撃の理由がコチラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

npmiCwCM

1: 超速V話題のまとめちゃん 2015/11/18(水) 11:36:56.15 ID:m4RmnbcJ0.net BE:406630752-2BP(2000)

フランスのパリで起きた同時多発テロを受け、作家の乙武洋匡さんが「彼らの主張にはまったく耳を貸さずに
国際社会から孤立させることが、本当に平和へと続く道なのか」とツイッターに投稿し、物議をかもしている。

 「話し合いの余地があるのか」などと反発を招いているほか、テロ行為を容認していると受け止める人もいる。

 2015年11月14日早朝(日本時間)に発生した同時多発テロを受け、各国首脳は声明を出し、国際社会の
協調を訴えた。こうした動きに乙武さんは11月15日、自身のツイッターで、

  「『国際社会は一致団結して、このテロに立ち向かうべきだ』と言うが、このテロを起こした犯行グループも含めて
"国際社会"なのではないだろうか。『シリアで空爆を続けるフランスは許せない』という彼らの主張にはまったく
耳を貸さずに国際社会から孤立させることが、本当に平和へと続く道なのだろうか」 と投稿した。

 ツイッターでは、すぐに乙武さんの主張に対する反発が広がった。

  「話をしてわかる相手じゃないですよね」
  「国際社会に耳を貸さず蛮行を繰り広げているのは犯行グループの方でしょう」
  「テロリストの言い分を聞けって、さすがにこれはない」

といった書き込みが乙武さんのもとに寄せられた。テロ組織の主張も聞くべきだ、という発言を、テロを容認しよう、と
読み取った人もいたようだ。そもそもテロ組織は国際社会の一員ではない、という指摘もある。

 乙武さんは最初の投稿から約2時間後、「決して『テロを容認しよう』と言っているわけではありません。
テロは、もちろん許されない行為」と断り、

 「そのうえで、ああした残虐なテロ行為を行う集団に対して対話の扉を開くことなく、あくまで暴力で屈服
させることが平和の実現に向けてのベストな選択肢なのか、疑問を抱いたのです」 と反論した。

 それでもネットの風当りは依然として厳しい。ツイッターには「薄っぺらい理想論」「現実に対話が通じない
相手はいる」といった声があふれている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151116-00000003-jct-soci

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村