ファン

【超速報】小金井刺傷事件の岩埼被告に懲役17年を求刑 → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

6a00d83451b71f69e20168e9bcd904970c-400wi

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/02/23(木) 14:15:12.38 ID:CAP_USER9
スポーツ報知 2/23(木) 14:00配信

 音楽活動をしていた女子大生の冨田真由さん(21)が昨年年5月21日、東京都小金井市でファンの男に折りたたみ式ナイフで首などを刺され、一時重体となった事件で、殺人未遂罪などに問われたファンの無職・岩埼(いわざき)友宏被告(28)の裁判員裁判公判が23日、東京地裁立川支部(阿部浩巳裁判長)で開かれ、検察側は「常軌を逸した自己中心的な犯行」として懲役17年を求刑した。

 この日は、現在も刺された後遺症に悩む冨田さんが出廷して意見陳述した。衝立で姿を隠した冨田さんは「犯人も、犯人の両親も許すことができない。きっと心の中では笑っていて、反省は一つもしていないと思う。普通に過ごすはずだった毎日を返してほしい。傷のない体を返してほしい」と涙声で述べた。

 冨田さんが「犯人は絶対に同じことをする。また犠牲者が出る。野放しにしてはいけない」と述べたところで、岩埼被告は突然「じゃあ殺せよ!」と怒鳴り声を上げた。裁判長から「発言を止めなさい!」と諭されたが、冨田さんが「今度こそ私を殺しに来ると思います」と続けたところで被告は「殺さない!」と叫んだ。裁判長は被告の退廷を命令。被告は手錠をかけられながらも再び「殺すわけがないだろ!」と叫び声を上げた。退廷してからも室外でもう一度「殺すわけがないだろ!」と叫んだ。

 岩埼被告が退廷し、公判は一時休廷後に再開されたが、冨田さんはその後は陳述ができなくなり、検察が代わって意見陳述書を読み上げた。「たくさんの人に助けて頂いた命。これからも生きていこうという気持ちと(体の)麻痺などで苦しい気持ちが繰り返されます」「二度と同じようなことが起きないよう厳しい判決を出して頂きたいです」などと書かれていた。

 検察は「法廷で被告が『申し訳ないとは思っている』と発言したのは単なるパフォーマンスであることは、言動で十二分に証明された。被害者をさらに傷つける不規則発言は言語道断だ」と被告の法廷での言動を糾弾した。

 論告では「被害者と被告は社会生活上の人間関係になく、被害者に何ら落ち度はなかった」とした上で「常軌を逸し、身勝手さが際立った犯行」「再犯の恐れが相当大きい」「これまでの類例ではとらえられない事案」などとして懲役17年を求刑した。被害者弁護人は、冨田さんの強い処罰感情と被告の出所後の報復を不安視していることを考慮し「無期懲役が相当と考える」と述べた。冨田さんは検察の論告中に車いすが用意され、途中退廷した。

 被告の弁護人は「法廷での不規則発言は被害者に失礼で決して許されない」とした上で、これを量刑に考慮されるべきではないと主張。検察の「被害者と被告は社会生活上人間関係になかった」との主張には、冨田さんが小規模の会場でファンとの交流を大事にして来たことから「無関係ということはできない」と反論し、そこで交際を断られてことで「絶望が犯行の扉を開いた」「たとえ片思いでも男女関係の枠組みであることは否定できない」「被告の犯行は理解不能なものではなく、量刑傾向を逸脱するものではない」などと被告の情状酌量を求めた。

 公判は4回で結審し、判決は2月28日に言い渡される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000108-sph-soci

title="この記事の続きを読む">

【緊急】KANA-BOON・飯田祐馬と清水富美加との不倫について知ったファンの反応をご覧ください・・・・・・・・・・・・・・・・・

6a00d83451b71f69e20168e9bcd904970c-400wi

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/02/21(火) 11:30:46.60 ID:CAP_USER9
 人気ロックバンド「KANA―BOON(カナブーン)」のベーシスト・飯田(めしだ)祐馬(26)が、宗教法人「幸福の科学」に出家した女優・清水富美加(22)と不倫交際していたことが20日、分かった。SNS上にはショックを受けるファンが続出。「活動休止だけはやめて」と心配の声が相次いでいる。

 清水は千眼美子名義で17日に出版した告白本「全部、言っちゃうね。」で、出家にあたり「悩みの種だった好きな人も忘れました」とつづり、相手が注目されていた。

 スポニチ本紙が19日付で元交際相手はバンドマンと報道。20日、飯田の所属事務所は「本人は清水さんに対して本当に申し訳ないことをしたと深く反省している。どんな処分でも受けると言ってます」と説明。

既に破局したとはいえ、飯田は清水が仕事や今までの友人関係を断ち切り、突然出家という行動に出たことの1つの要因になったかもしれないことに責任を感じ、事務所側にすべてを明かした。

 インターネット上には「ショックすぎて」「まさか」などと衝撃を受けるファンが多数。昨年、ベッキー(32)と不倫騒動を起こした「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(28)に批判が集中しただけに「活動休止だけは避けてほしい」などと心配&懇願の書き込みも相次いでいる。

 飯田の所属事務所は「今後の活動などに関しては協議中」とし、近く対応を発表する見通し。

2017年2月21日 8時58分 スポニチアネックス
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12700857/

title="この記事の続きを読む">

【衝撃画像】浜崎あゆみが「神田うのに見える」とファン困惑 → その姿をご覧ください・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/02/19(日) 19:03:10.83 ID:CAP_USER9
http://news.livedoor.com/article/detail/12693425/
2017年2月19日 10時15分 アサジョ

自身初となる60公演もの超ロングツアーを行うと発表した浜崎あゆみ。
現在は英気を養うべくロンドン、ミラノ、パリとヨーロッパ旅行を満喫中で、貴重なオフショットがいくつもインスタグラムに投稿されている。
ところが、最新のショットに写っている浜崎の顔が少し前と違うと指摘されている。

浜崎は旅行に出てからはサングラスをしたショットばかりで、素顔の写真はひいたアングルばかり。
ところが、2月15日と16日に投稿した2枚の写真は素顔をはっきりと確認できる。

「15日のものは髪をアップしておでこを出したショットなんですが、浜崎ではなくスタッフの誰かが写っているのかと思いました。
『神田うのに見える』という声が出ていますが、まさにその通りだと思います。
続く16日の写真は黒のパーカを着てフードをかぶったアップの写真。あどけない美少女のようで、これも浜崎には見えませんし、15日の写真の顔とも違う。
2月8日に投稿されたアップの写真は誰が見ても浜崎なんですが、それとは顔が違いますね」(週刊誌記者)

 わずか1週間でコロコロと顔が変わるとは驚かされる。なぜこのようなミステリーが起きるのか、原因を前出の週刊誌記者はこう解説する。

「今はスマホを使って簡単に写真を加工することができます。肌をきれいにしたり、あごをほっそりさせるのはお手の物。
タレントがインスタグラムにアップする写真はほぼ全てなんらかの修正が入っています。浜崎も当然加工しているでしょう。
浜崎には専属のレタッチャーがいると言われていますが、うまく加工できなかったのではないでしょうか。
16日の写真は肌がツヤツヤで加工した感じがしますが、15日のものはそれほどいじってないように見えます。
この神田うの似のショットが本当に浜崎に一番近いのかもしれません」

浜崎あゆみインスタグラム
https://www.instagram.com/a.you/
no title

no title

title="この記事の続きを読む">

【超速報】総合格闘家・中井りんがパンクラスに対し契約解除の意向示す → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

12744355_1097385360282418_6758814901561238616_n

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/02/18(土) 12:49:07.91 ID:CAP_USER9
2月10日(金)付けのブログで突然の活動休止を発表し、ファンを驚かせている総合格闘家の
中井りん(パンクラス ヴィーナス)。15日(水)には主戦場であるパンクラスの酒井正和CEOが
声明を通じて、中井のパンクラス女子バンタム級タイトル返上と階級転向を明らかにしたが、
これに対して中井が「真意と違う」と反論している。

ここ最近のブログで体調不良や精神的な不安を吐露し続けていた中井は、10日に「パンクラスの
女子バンタム級のタイトル・ベルトは、パンクラスが返上しろというので、返上しようと想います」と
記すとともに、「中井りんの活動を休止したいと想っています」と、突然の活動休止を発表。

この件に関する補足として酒井CEOが15日に声明を出し、「中井りん選手がバンタム級から
フライ級に階級を変更するに伴い、女子フライ級とストロー級のベルトを新設をします。そのことから
本人了承のもと、バンタム級のベルトを返上し2月9日付けでフライ級のランキング1位になりました」と
伝えていた。

しかし、中井は17日(金)付けの最新のブログで、「その様なコメントを出さないで下さいと、私が
パンクラスにメールしようとしていた矢先に酒井代表のコメントが発表されてしまい、その内容は
真意と違いますので困っています」と、酒井CEOの声明に反応。

「女子バンタム級のタイトルに関しましては、当初はパンクラスからタイトル返上だけの要求でしたが、
宇佐美館長がパンクラスと交渉し『フライ級のタイトルをつくるのならバンタム級は返上してもいい』という
確約をとってくれた宇佐美館長の交渉努力によってフライ級のタイトル新設が出来ました。この事は
メールのやり取りによって証明する事が出来ます」と綴った。

さらに、「何年も前から想っていたのですが、パンクラス様のやり方に心を痛めていたのですが、そのことは
最近になってもっと状態は悪くなり…」と続け、「私中井りんはパンクラスをやめたいのであって、
私中井りんにとってパンクラスとの契約が負担になっていて心療内科で治療を受ける程大変な
負担になっています。ですから中井りんとしてはパンクラスとの『専属選手契約』を1日も早く
解消解除して下さいますよう、パンクラス様に御願い申し上げようと想っています」と、パンクラスに対して
契約解除を申し出る意向を示している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000000-gbr-fight

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村