ブチギレ

【超衝撃】ダウンタウン・松本人志が冨田さん刺傷事件にブチギレ → それがコチラ・・・・・・・・・・・・・・・

MatsumotoHitoshi (1)

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/02/26(日) 15:09:54.72 ID:CAP_USER9
東京都小金井市で昨年5月、歌手活動をしていた冨田真由さん(21)が刺されて重傷を負った事件について、ダウンタウンの松本人志(53)やタレントのヒロミ(52)らが犯人に対する怒りをあらわにした。

 26日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」では、殺人未遂罪などに問われた無職岩埼友宏被告(28)が23日に結審した裁判員裁判で、冨田さんが意見陳述する際に「じゃあ、殺せよ!」などと絶叫して退廷させられた件を取り上げた。

 ヒロミは「もう、こんなのね…」と反省の色が見えない岩埼被告にため息まじりで「この子がどんな性格かわからないけど」と前置きした上で、検察側の懲役17年という求刑に「17年間の怒りが溜まっちゃうように思っちゃう。怖いし、更生すると思えない」と私見を述べた。

また、冨田さんについて「すごい怖い思いをしたにもかかわらず現場に来て訴えた。そこで犯人の怖い声を聞いちゃったら、そこでもう一回刺されちゃったくらい大変な傷を負ったと思う」とおもんばかり、「この彼女が本当に助かって良かったというような、今後の人生を楽しく思えるような(判決)」を望んだ。

 松本も「犯人も若いから、下手したら40代くらいで出てくるよ」と懲役17年という求刑が軽いとの考えを示し、「34回刺したんでしょ。これは34人の人を殺したと思っていいくらい」と持論を展開。さらに映画「ゴッドファーザー」にたとえ、「そういう(犯人に報復する)機関がないのかと思う」と怒りをにじませた。

 ウエンツ瑛士も、冨田さんについて「出廷するまでに本当に勇気がいったと思う。ふりしぼった心の叫びだと思う。それに対して大声で…」と述べ、怒号を発した岩埼被告への怒りに声を震わせた。

日刊スポーツ 2/26(日) 11:02配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-01784422-nksports-ent



title="この記事の続きを読む">

【衝撃】タレント・坂上忍が茂木健一郎に逆ギレ → その結果wwwwwwwwwwwwwwww

550d50e144066e6378dbedf91fc1de5c

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/02/15(水) 15:34:14.21 ID:hI86B5t30 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
http://news.livedoor.com/article/detail/12676565/

15日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、脳科学者の茂木健一郎氏の発言に坂上忍が噛み付いた。
番組では前日に続き、清水富美加の出家引退騒動を特集。その中で茂木氏が自身のTwitter上で、清水に対する擁護ととれる投稿をしていたことが話題に。

茂木健一郎 ? @kenichiromogi

芸能界の悪習からようやく逃げた人を、芸能村の人たちがテレビであれこれと非難するのはほんとうに見苦しい。
日本のテレビがオワコンであることを益々感じさせる。人間、フェアじゃなくては、結局人々の心から見捨てられる。

2017年2月14日 07:21  859 859件のリツイート 1,203 いいね1,203件

スタジオでこのコメントが紹介されると、坂上が「いろんな意見が出て当然」と断った上で、
「『芸能村』って俺達のこと?じゃあ茂木さんは何村の人なの?」と問いただし、茂木氏自身もテレビ番組に頻繁に出演していたと指摘する。

そこでおぎやはぎの小木博明が「茂木さんに見られてくないなこの姿、恥ずかしい」と自虐気味に語る。
坂上も「じゃあ俺達は恥ずかしい人間なんだね!」と開き直り、小木も「僕らはクズですよ!」と意気投合し、スタジオの笑いを誘っていた。

title="この記事の続きを読む">

【速報】古舘伊知郎が「フルタチさん」打ち切りにブチギレ → コレはヤバすぎる・・・・・・・・・・・・・・・・

main (1)

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/02/10(金) 12:15:04.29 ID:CAP_USER9
打ち切り宣告に「ノー!!」――。昨年11月にスタートしたフリーアナの古舘伊知郎(62)が司会を務める2時間枠バラエティー番組
「フルタチさん」(フジテレビ系、日曜午後7時)が5日、同番組最低視聴率を記録。

同局の上層部がとうとう「3月末打ち切り」を古舘サイドに通告したが、猛反発に遭いモメているという。
どんな番組を放送しても視聴率が取れない日曜ゴールデン枠をなんとかしようと、古舘を「三顧の礼」で迎えたフジだが、
放送開始わずか3か月で終了を決める“こらえ性のなさ”では、モメるのも仕方ない!?

5日に放送された同時間帯で重なる他番組の視聴率は、「世界の果てまでイッテQ!10周年2週連続SP」(日本テレビ系)の22・5%、
大河ドラマ「おんな城主直虎」(NHK)16・0%(関東地区、以下同)など強敵揃い。その陰に隠れたのがTBSとフジだった。

「この時間帯は『ザ!鉄腕!DASH!!』『イッテQ』がとにかく強い。
フジが古舘を抜てきし、日曜夜7~9時のゴールデンタイムに鳴り物入りで始めた『フルタチさん』でしたが、まったく相手にならず、
ついに5日には同番組最低視聴率の4・7%を記録してしまった」(テレビ関係者)

フジは昨年3月末、12年間続けた「報道ステーション」(テレビ朝日系)の司会を降板した古舘を三顧の礼で迎えた。

「報道番組は不自由だった」と振り返って“卒業”した古舘の久々のレギュラー番組として注目を集めていた。
「バラエティー番組のMCに帰ってきた古舘さんが、身の回りにあふれる“ひっかかること”を独自の視点でわかりやすく、おもしろく、
エンターテインメント調でしゃべり倒す」とあおって盛り上げた。

古舘も放送開始前「非常に厳しい闘いだということだけはわかっていただきたい。めっちゃ強いですから、裏(番組)」と苦戦を覚悟していた。

昨年11月6日の初回こそ8・2%を獲得したものの、それ以降8%台は2回にとどまり、5~6%を推移し、
1月15日放送分では4・9%に落ち込んでいた。

2月5日には同番組最低の4・7%を記録してしまい、フジ上層部は古舘側に打ち切りの方針を伝えるまでになったという。

別の制作関係者は「フジ側は古舘に『番組は好きなようにやってください』と約束したために、何も言えなかったのですが、
日曜ゴールデンで4%台ではスポンサーは怒りますよ。しかも、古舘のギャラは1本200万円といわれてますから、やるたびに赤字。
フジはさすがに古舘側へ『3月で打ち切りたい』と伝えたんですが、古舘サイドは『聞いてない!』といきなりの通告を一蹴し、合意には至っていない状況です」と語る。

数字が落ちたからといって、リニューアルをするでもなく、たった3か月で「打ち切り宣告」とは
フジの「三顧の礼」も見掛け倒しとしか言いようがない。古舘サイドがヘソを曲げてモメるのも当然だろう。

だが、他局の思わぬ動きが今回の打ち切りに大きく影響しているようだ。

「実は同じ時間帯の『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)がひっそりと打ち切りになったのです。
TBS上層部は1月22日放送の『クイズ――』の特番の視聴率で打ち切りを決めたのですが、それが5・8%だった。
そしてライバルの裏番組が一つ消えた2月5日に『フルタチさん』は2回目の5%割れ。

『クイズ――』は『フルタチさん』より視聴率を取っていたのに打ち切りになったのだから、もはや『フルタチさん』も打ち切りしかない。
強気の古舘さんといえども、この数字では打ち切りを受け入れるしかない状況ですが…」(フジ関係者)

「報ステ」降板後、ゲスト出演した番組が軒並み高視聴率を獲得し、一時は“数字を持つ男”ともいわれた古舘だったが、
やはり視聴者離れが著しいフジテレビでは、結果を出せていない。

このまま打ち切りになったら、古舘の姿を今後フジテレビで見ることは難しくなりそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000006-tospoweb-ent

title="この記事の続きを読む">

【驚愕】ONE OK ROCK・Takaが日本人ファンにブチ切れた『本当の理由』がコレ・・・・・・・・・・・・・・・

image_02-e1460007338746

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/01/28(土) 11:08:54.85 ID:CAP_USER9
  先日発売したニューアルバム『Ambitions』が大ヒットしている、若手人気ロックバンドのONE OK ROCK(ワンオクロック)。そんな中、ボーカル・Takaの発言が波紋を呼んでいます。

 海外公演での日本人ファンのふるまいに対して、1月25日、自身のインスタグラムで「我慢の限界を超えそう」と苦言を呈したのです。

「日本人が携帯片手にまるでポケモンみつけたみたいに動画やら写真やらパシャパシャ撮られて(中略)御飯もゆっくり食べれない」とか、「最前列はいつも同じ景色」と愚痴をこぼし、日本からの“追っかけ”に心底うんざりしている様子。

 このTakaの発言に賛否両論が巻き起こりました。多くは“困らせてごめんなさい”と、Takaの発言を支持するものでしたが、なかには“ちょっと天狗になってんじゃないの?”と批判めいたものも。

 騒ぎが大きくなり焦ったのか、Takaは再びインスタでコメント。「ゴメン! 文章が足りてなかったね。。」「一部の人達なんだけど」と対応したのでした。

◆海外の有名アーティストは、常に追い回されるのが普通

 もちろん、委細かまわずスマホでパシャパシャやられていい気分はしないでしょう。それでもやはりONE OK ROCKは恵まれていると思うのです。

 第一、ほとんどのバンドはスポットライトを浴びることなく消え去ります。そして、たとえ押しつけがましくても、「ポケモンみつけたみたいに」興奮してくれるのは好意を持ったファンであるということ。

 なぜなら海外アーティストのほとんどが、敵意むき出しのパパラッチに四六時中追いかけられているのですから。

 たとえば27才にして亡くなったイギリスの女性歌手エイミー・ワインハウス。ドキュメンタリー映画『AMY』で、執拗にパパラッチにつきまとわれるシーンがありますが、その時のカメラフラッシュのけたたましかったこと。ジャスティン・ビーバーなどは、全裸写真を撮られて全世界に公開されてしまいました。

 エイミー・ワインハウスもジャスティン・ビーバーも、ONE OK ROCKとは比較にならないほど優れたミュージシャンです。そんな彼らですら、絶えず好奇の目にさらされてきた事実は重たい。

 聞くところによると、ONE OK ROCKは欧米での成功を望んでいるといいます。だとしたら、なおさらプライバシーが制限される状況に慣れておく必要があるのではないでしょうか。

◆日本人ファンに支えられている現実へのイラだち?

 これを踏まえたうえでTakaの“苦言”を読み直すと、そのフラストレーションが日本人ファンのマナーの悪さそのものではなく、むしろ自分たちの思い描いた通りに評価されていない現状から生じているように感じられるのですね。

 ミーハーな日本人ファンのいない海外へ乗り込んだのに、見えるのは「いつも同じ景色」。

 結局は誰も自分たちの演奏や楽曲になど興味を持っていないばかりか、まだ存在すら認識されていないように感じられてしまう。でもいまの段階でそれを直視するのはいたたまれない――そんな行き場のないモヤモヤが一部のファンの不作法に向けられたと考えれば、色々と納得がいくのです。

 筆者は彼らの音楽が趣味に合わないという理由から、こんなことを言っているわけではありません。たとえば、彼らのレーベルメイトでもあるパラモアのヘイリー・ウィリアムスが一声発すれば、その瞬間に選ばれた一握りの存在だと分かる。

 そこへいくと、Takaは一生懸命です。高い音を大きな声で必死に出そうとしている。しかし、それは曲と歌が反応し合って弾け出るような感覚ではなく、なにか青春を燃焼させるための手段としてたまたまバンドを選んだという具合に映るのです。

 1月9日に放送された『ONE OK ROCK 18祭』(NHK)を観た「くるり」の岸田繁氏が、図らずもこんなツイートをしていました。

「ワンオクかっこいい。(中略)必死に生きてきて何かを掴んだ証を、誰かに届けて結果背中を押すことは、何歳でも出来るんかもなーとボンヤリ思う」

女子SPA! 1/28(土) 10:40配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170128-00653978-jspa-life

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村