不倫

【緊急】タレント・ベッキー(32)の第2章のテーマをご覧くださいwwwwwwwwwwwwww

69d535f41a61daa6d6f10f64ff1752c6

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/03/20(月) 16:45:14.99 ID:CAP_USER9
タレント・ベッキー(32)が4月3日に放送されるCS映画専門チャンネル「ムービープラス」の番組『この映画が観たい』(後11:00~11:30)の収録に参加し、取材に応じた。「ベッキーのオールタイム・ベスト」と題し、これまでを振り返りながら人生を彩った映画5作を発表。さらに今後の想いも話した。

「ここ最近、人に支えられて、お仕事できるようになった」。休養から復帰後はビートたけし、笑福亭鶴瓶、岡村隆史など名だたる大物が優しい言葉をかけた。「毎日、愛を感じます。こんな私に、こうやって手を差し伸べてくれる人がいるんだと。奇跡のよう。感謝の気持ちを忘れたら終わりだと思うので、一生忘れないです」と温かいエールに平身低頭だった。「『シザーハンズ』を観て、人をまっすぐに思う気持ちの大切さと、困っている人に手を差し伸べる優しさについて考えさせられました。色々あって、人に支えられた喜びを知っているし、人に支えられてどれだけ心強いか学んだ。だから次は、後輩とか友達とかがつらいときには全力で支えたい。テーマは恩返しです」と誓った。

一部抜粋でお送りしております。
詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
http://www.oricon.co.jp/news/2087781/full/

title="この記事の続きを読む">

【超速報】タレント・小倉優子が不倫した夫に要求した養育費の金額がコチラwwwwwwwwwwwwww

ce04818c748ff509466cdbcd45cb8411 (2)

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/03/17(金) 06:50:04.32 ID:CAP_USER9
女性自身 3/17(金) 6:01配信

ヘアメイクアーティストの夫・菊池勲氏(46)との離婚をブログで発表した、小倉優子(33)。

その1週間前、本誌が彼女の“離婚決意”を報じたばかりだった。本誌は、彼女が菊池氏に「慰謝料7千万円」を
要求しているが、金額で折り合わず、離婚が延びていると報じていた。

結局、小倉は「慰謝料なし」で菊池氏と離婚。本誌が報じたような「慰謝料7千万円」をめぐってもめたりしては
いないと強調したのだが――。

2人をよく知るファッション関係者がこう明かす。

「たしかに最後は“慰謝料なし”で双方が離婚に合意しましたが、“慰謝料”という形をとらなかっただけで、
菊池さんはきっちり“責任”を取らされたんですよ(苦笑)。2人は海外のリゾート地に共同名義で別荘を
持っているんですが、ローンの残額を菊池さんが全額引き受け、別荘の名義を小倉さんにすることで合意しました。
ローンの残額およそ5千万円を、菊池さんが支払っていくことになります。さらに現在彼女が住んでいる
マンションの家賃80万円と生活費20万円の合計100万円も、2人の子の養育費として、菊池さんが毎月支払っていくことで
話がまとまりました」

別荘と養育費をしっかり確保しつつ、今後のママタレとしての活動を見据えて、“慰謝料ゼロ”での再出発を
強調する小倉だが、しっかり“ゲス不倫”夫にはお灸を据えたようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170317-00010001-jisin-ent

title="この記事の続きを読む">

【超驚愕】清水富美加不倫で話題のKANA-BOONが約3週間だけ反省する → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/03/13(月) 21:18:47.35 ID:CAP_USER9
https://mdpr.jp/news/detail/1670474
2017-03-13 19:30

ロックバンドKANA-BOONのメンバーが13日、Twitterを更新。ベーシスト飯田祐馬と、女優の清水富美加との不倫が一部にて報じられ、謝罪文を発表した先月21日以降、約3週間ぶりの更新となった

3日に公式サイトを通じ、「僕たちは、活動を自粛というかたちではなく、音楽活動のすべてを通して、また皆さんを楽しませることで反省を示していきたいと考えました」
「今回のことを、メンバー全員できちんと受け止めて、音楽と皆さんと向き合っていきます。今後とも宜しくお願い致します」と、今後の活動は予定通り行うことを発表していたKANA-BOON。

飯田含むメンバー4人のTwitterは報道以来、更新されていなかったが、新曲「バトンロード」が、4月から始まるテレビ東京系アニメ「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」のオープニングテーマに決定。
その発表をきっかけに改めてSNSを再開することにしたようで、飯田以外の谷口鮪(Vo/Gt)、古賀隼斗(Gt/Cho)、小泉貴裕(Dr)の3人のメンバーがほぼ同時にツイート。

谷口が「また一歩ずつ、ここから頑張ります」と強い決意をにじませたほか、古賀は「応援して下さっている皆様のメッセージ、手紙、リプライなど本当に心の支えになりました。本当にありがとうございます。
僕はこれからも全身全霊でギターを鳴らしていくので、今後とも宜しくお願いします!!」と、
小泉は「たくさんの暖かいメッセージをくれたファンの皆さん本当にありがとうございました。本当に勇気づけられました。これからもKANA-BOONの音楽をたくさん届けれるように頑張りたいとおもいますので、
今後ともKANA-BOONの応援どうぞよろしくお願いします」とそれぞれファンへの感謝とともに、今後の活動について呼びかけ。

ファンからは「待ってました」「おかえりなさい」「ずっとずっと応援してます」「何があってもついていきますよ」「今まで以上に全力で応援しますよ」
「いつもいつもKANA-BOONの音楽に助けられてます、早く4人の音楽を聴かせてくださいね」など、歓喜とエールのコメントが続々と寄せられている。

no title

title="この記事の続きを読む">

【超衝撃】タレント・ベッキーが有名女優から次々と共演拒否 → それがコチラwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/03/06(月) 13:30:05.49 ID:CAP_USER9
 昨年の不倫騒動から約1年以上の時を経て、イベント出演や地方CM、映画出演など完全復帰が近いようにも見えるベッキーだが、避けては通れない大きな壁がまだあるようだ。

 騒動発覚後、契約していた10本のCMが打ち切られ、レギュラー番組も次々と降板。3カ月少しの活動自粛期間を経て仕事復帰後は、BSスカパー!や地方テレビ局の番組でレギュラーを獲得。さらに今年に入って、CMも2本入った。さらに、映画『JKニンジャガールズ』(東映)に出演と、順調な活動を見せている。テレビ局関係者は語る。

「ベッキーが不倫騒動後に一気に仕事がなくなった理由の1つは、“ベッキーにはイメージしかない”から。ベッキーの活動の中心はバラエティでしたし、明るく元気な優等生というイメージを、多くのスポンサーが多額の契約料を払って買っていたわけです。これが、歌手や女優なら、曲や演技が評価されていれば、犯罪さえ犯さない限り、スキャンダルを起こしても仕事は残るものです。しかし、ベッキーにはイメージしかなく、そのイメージが崩壊してしまったゆえに、商品価値がなくなったわけです。復帰後、事務所はベッキーを女優に路線変更させようと思案しているようです」

 だが、そこにはある障害が立ちはだかっているという。芸能事務所関係者が語る。

「有名俳優や女優の少なからずが、ベッキーとの共演を拒否しているのです。映画賞も総なめにしている女優のMはもちろん、若手女優の間で勢いのあるHは、テレビカメラも入ったある会で、ベッキーと同じ画面に映ることに強い抵抗を主催者側に訴え、Hは結局欠席しました。ただ同じ画面に映りこむというだけで、これだけ拒否されるわけですから、同じドラマや映画での共演なんてありえないという俳優がいてもおかしくないでしょう」

 また、これまで大親友を互いに公言し合っていた女優の上戸彩とも、不倫騒動後は完全に関係が切れているという。他の芸能事務所関係者は言う。

「そもそも、上戸さんはEXILEのHIROと結婚し、妻であり一児の母ですから、ベッキーの不倫自体許せなかったでしょう。止めたそうですが、周りが見えなくなっていたベッキーがそのアドバイスに耳を傾けなかったことが大きな原因です。しかし、もっと大きいのは、“ベッキーと親友”というイメージは上戸さんの仕事にも悪い影響をおよぼすからです。上戸さんはプロ意識の高い人ですから、事務所スタッフに迷惑を掛けることを思い、距離を取ったのでしょう」

 ベッキーの女優への路線変更には、茨の道が待っているようだ。
(文=編集部)

Business Journal2017年3月5日17時
no title


写真
http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_315521/

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村