不倫

【超驚愕】女優・上戸彩が号泣した結果 → それがコチラ(※画像あり)・・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/06/10(土) 14:10:15.18 ID:CAP_USER9
 女優の上戸彩(31)が10日、都内で、主演映画「昼顔」の公開初日舞台あいさつに出席。
2014年のドラマから不倫を題材にした作品と向き合い続けた上戸は、
「背負うモノもたくさんありましたし、不倫というテーマに対して、毎日考えさせられた」と
号泣した。

 イベント終盤、笑顔を絶やさなかった上戸が俳優・斎藤工(35)のコメントをきっかけに、
涙が止まらなくなった。
 斎藤が「上戸さんはまわりの方に本当に尽くす人なんですよ。日々疲れ切ったスタッフに
声をかけたり。この人のエネルギーってすごいなって思った。大変なこともあると思うんですよ、
お母さんだし」と主演の苦労をねぎらった。

 「もうつらい」と演じることのつらさを打ち明けた上戸は
「泣きそうです。(斎藤が)本当に支えてくれたので。(演じた役の)紗和と
お別れすることも寂しい」と声を震わせながら、カメラマンに「撮らないで…」と
呼びかけ、“泣き顔”に照れた。
 最後は「映画が独り立ちしてくれるのも、うれしいし、最高の現場でした。
昼顔との出会いは幸せでした。心に響く映画になれば」と締めくくると、苦楽を供にした
スタッフらももらい泣きしていた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/10/0010270835.shtml
https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/10/0010270835.shtml?pg=2
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

title="この記事の続きを読む">

【悲報】乃木坂46のテレビ出演が増えない『本当の理由』がコレ・・・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/06/11(日) 14:41:36.99 ID:CAP_USER9
 女性アイドルグループの中で、今やトップクラスの人気を誇る乃木坂46。しかし、彼女たちは自らのキャラゆえ、ジレンマを抱えているという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 乃木坂46の勢いが止まりません。現在、アイドル誌はもちろん、エンタメ総合誌、テレビ誌、漫画誌など雑誌業界のメインとなり、AKB48グループやジャニーズなどをサブに回すこともあるほどの人気です。

 CMでも『バイトル』『明治ロカボーノ』『はるやま』『マウスコンピューター』などに出演。さらに6月1日、『オリコン2017年上半期“本”ランキング』写真集部門で、メンバーのソロ写真集が「トップ7を独占した」ことが明らかになりました。

 ただ、テレビ番組への出演は、コアなファン向けの冠番組がほとんど。ファン層を広げられるゴールデンタイムの番組には、わずかしか出演していません。前田敦子さん、大島優子さん、篠田麻里子さんらが活躍していたAKB48の最盛期よりも圧倒的に少ないのはなぜでしょうか。

◆「ビジネスに強くエンタメに弱い」スタイル

 テレビ出演が増えない最大の理由は、乃木坂46のアイドルイメージそのものにあります。

 清楚・清純な美少女キャラは、諸刃の剣。「穏やかで優しい」優等生のような外見や発言は、目の前のファンを魅了することができる一方、多くの人々に顔と名前を覚えてもらうことが難しいのです。

 移り変わりの早いアイドル業界でAKB48が長きに渡って活躍している理由の1つは、キャラの濃さと多彩さ。アンチを作り、バカ扱いをされることも少なくありませんが、だからこそAKB48のメンバーは、バラエティーのスタッフに「このように使おう」という発想を与えられるのです。

 乃木坂46のメンバーたちも冠番組では、さまざまな笑いのセンスを見せていますが、それでもグループとビジュアルの持つキャライメージは強く、「バラエティーを盛り上げる戦力にはなりにくい」のが現実。アイドルに限らず現在の芸能界は、「まずはキャラありき」という考え方で、特にテレビのバラエティーは「キャッチーなキャラをいくつ持っているか」がオファーの鍵を握っているのです。

 乃木坂46の「清楚・清純な美少女」「穏やかな優等生」というキャラは、現在の芸能界で希少価値が高いのは間違いありません。しかし、ビジュアル先行のスタイルは、ライブ、握手会、写真集などの「客から直接お金を稼ぐビジネスに強い」反面、バラエティーやドラマなどの「出演で報酬を得るエンタメには弱い」のです。

>>2以降に続きます

2017.06.11 07:00
https://www.news-postseven.com/archives/20170611_562551.html?PAGE=1#container
no title

title="この記事の続きを読む">

【速報】不倫した田中哲司の女性遍歴がヤバすぎる → まさかここまで・・・・・・・・・・・・・・・

ダウンロード

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/06/06(火) 17:55:38.00 ID:CAP_USER90606
女優の仲間由紀恵の夫で俳優の田中哲司が、結婚3年目にして不倫していたことが発覚した。

田中はゴールデンウィーク中に仕事で日本にいなかった仲間の目を盗み、ヘアスタイリストと不倫しており、
ジャージ姿にサンダル履きという近所のコンビニに行くような服装で、帽子だけは目深にかぶっている写真が報じられている。

田中は仲間と結婚する前は、あまり名前を知られていなかったが、舞台を中心に数多くのドラマや映画に出演している人気バイプレイヤーだ。
仲間との結婚で、実力のほかに知名度も上がっていた矢先だった。しかし、業界内ではもともと女癖の悪さは有名だったという。

「田中は2004年にタレントの原千晶と半同棲している様子を報じられたことがあります。
その翌年に原が子宮頸がんだったことが発覚し、そのまま両者の関係は終わりましたが、その後には女優の緒川たまきとも浮名を流しました。
とにかく女性に手が早く、業界内では“共演者キラー”と呼ばれていたようです」(芸能記者)

高身長で甘いマスクの実力派俳優であるため、女性にもてるのは当然かもしれない。
しかし、さすがに結婚後、しかも仲間が妊娠中ともなれば、今後、夫婦間に亀裂が入るであろうことは想像に難くない。

学生時代から数々の女性を渡り歩いてきた

「田中は大学時代から女好きで、当時は小劇団で活動していましたが、劇団内で親密な関係になった女性は複数人いました。
当時から野心旺盛で『将来は有名俳優になるのが目標』と言い切っていたので、自分が成り上がるためには、数々の女優を渡り歩くことくらいはするでしょう。

三重県の実家は養鶏場を営んでいて、酒場の席では酔った友達から『鳥!』なんて呼ばれて人気者でしたよ。気さくでノリもいいので友達も多かったです。
次々に女を渡り歩いても、いままで大きなトラブルにならなかったのは、そんな彼の性格だからでしょう」(大学時代の田中を知る舞台関係者)

独身の無名時代ならまだしも、ほとんどの人が知っている女優の仲間由紀恵の夫となり、
年齢も51歳なのだから、そろそろ女遊びはやめて幸せな家庭を築くことを考えた方がいいだろう。

2017.06.06 16:00  まいじつ
https://myjitsu.jp/archives/23555

title="この記事の続きを読む">

【衝撃】俳優・渡辺謙の不倫の代償をご覧ください・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

d0214179_9442652

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/06/07(水) 15:37:03.23 ID:CAP_USER9
女優であり妻でもある南果歩(53)の心中を察するに余りある。1年前に乳がんの手術を受け、仕事への復帰も果たして前向きに生きていこうと思った矢先、まさかの最愛の夫・渡辺謙(57)の裏切りはさすがに身に応えたことだろう。『週刊文春』に21歳年下のジュエリーデザイナーのAさんとの“不倫スキャンダル”を報じられた渡辺謙だが、いまだ沈黙を貫き通している。

Aさんとの関係が浮上したのは3月末。滞在先のロサンゼルスから帰国後、『文春』の直撃取材に「後日、改めて話します」と答えたが、すでに2カ月が経過した。
「大手マスコミは事務所の力を恐れ、後追い取材を避けていますが、CMスポンサーはそういうわけにはいかない。すでにペナルティーを科しています」
とは広告代理店関係者。

渡辺が出演する主なCMは、大和証券と日本IBM、ヤクルトの3社だった。しかし大和証券は、サッカー日本代表試合のスポンサーということもあり、すでにウェブサイトから渡辺のCM出演映像を削除している。
「IBMは番組改編時期と重なったために停止。ヤクルトも撮影済みだったCMをお蔵入りし、急きょ大泉洋に変更して撮り直したんです。お蔵入りしたCMについては、真相がはっきりした時点で使うかどうか決めるようです」(同)

“不倫スキャンダル”の場合、本来であればスポンサーは違約金を請求してもおかしくないが、渡辺が沈黙しているためにお手上げ状態だという。
「『文春』にリークした人物は、自撮り写真も掲載されていることから、Aさん、もしくはAさんの周辺関係者と言われている。いずれにせよ、渡辺サイドはAさんにスキャンダルを否定させることで収束を図ろうとしたのでしょうが、一筋縄ではいかない相手だったということ。慰謝料の額で揉めたという話もあります」(夕刊紙記者)

渡辺を知るドラマ関係者はこう言う。
「今回のスキャンダルでも分かったように、渡辺は主演のミュージカル『王様と私』のニューヨーク公演をAさんに観に来いと言いながら、自費で来させるほど金にはシビア。というかケチなんです。高額な慰謝料を請求されれば話は難航しますよ」

渡辺は来年放送のNHK大河ドラマ『西郷どん』に、原作者の林真理子さんの指名で出演が内定していたが、そんな状態が続いているため暗礁に乗り上げている。
「離婚については、所属事務所会長が完全否定していましたが、乳がんで闘病生活を続ける南果歩との夫婦関係が悪化したことは間違いありません」(芸能関係者)

スキャンダルもハリウッドなみということか。

芸能ネタ 週刊実話 2017年06月07日 12時03分
http://npn.co.jp/article/detail/24237277/

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村