不倫騒動

【超衝撃】タレント・矢口真里がゲスの極み乙女・川谷絵音を援護した結果 → こうなる・・・・・・・・・・・・・・・

ダウンロード (41)

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/09/04(日) 13:28:26.23 ID:CAP_USER9
日刊スポーツ 9月4日(日)12時6分配信

 タレントの矢口真里(33)が、一般女性とのお泊りを報じられた
ゲスの極み乙女。川谷絵音(27)について「私はゲス側」と擁護した。

 矢口は4日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」に生出演。
ベッキーとの不倫で世間を騒がせた川谷の新たな女性報道に、
自身も過去に不倫スキャンダルを報じられたことがあるだけに、
「私はゲス側」と自虐し、「恋愛なんで自由でいいんじゃないかな」とコメントした。

 また矢口は「どんなことを言っても叩かれちゃう」と、スキャンダルの
当事者はバッシングされ続ける実情を明かすとともに、自身は今や
「中傷コメントとか中傷記事が見えない」という特殊能力を身につけたと
冗談めかして語り、笑いを誘った。

 自身は現在、当時の不倫相手だった男性と同棲中だが、
「いまだに外では手をつないだりくっついたりするのは勇気がいりますし、
しちゃいけないのかなって罪悪感もある」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160904-00000061-nksports-ent

title="この記事の続きを読む">

【速報】不倫騒動後のタレント・ベッキーが連絡取る相手がコレwwwwwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/08/31(水) 08:42:35.76 ID:CAP_USER9
太陽が照りつけるお盆真っ只中の16時過ぎ。東京・渋谷にある有名ラーメン店にベッキー(32才)がいた。

韓流スターや有名歌手も“お気に入り”のこの店、看板メニューは豚骨ラーメン。
スープは臭みがなく、女性でも飲み干せると評判である。
チャコールグレーのマキシ丈ワンピースに黒いキャップを深くかぶり、顔全体が隠れてしまいそうなほど大きなマスクをしたベッキーは、
噂の豚骨ラーメンを堪能するや、足早に店を出て、車に乗り込んだ…。

「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27才)との不倫騒動から7か月。
6月にはレギュラー番組『FULL CHORUS』(BSスカパー)収録に参加し、
“テレビ復帰”を果たしたが、地上波への道は遠い。“あの番組”への緊急出演も尾を引いているという。

「休業前に持っていた11本のレギュラー番組のうちの1本で8月にも復帰する計画がありました。
でも、『27時間テレビ』への電話出演の反響があまりにも大きく、それも立ち消えになってしまったんです」(スポーツ紙記者)

7月23~24日に放送された『27時間テレビ』(フジテレビ系)のコーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」で、
ベッキーは明石家さんま(61才)の呼びかけに反応。電話出演が実現し「復帰できるように頑張ります。
中居さん、今度飲みに行きましょう!」などと元気にコメントしたが、「反省していない」とツイッターが炎上するなど批判が殺到したのだ。

「制作現場からは『早くベッキーと仕事がしたい』という声もあるのですが、視聴者の反応を見ると局としてはスポンサーとの兼ね合いもあるし、
慎重にならざるを得ないのが現実のようです」(前出・スポーツ紙記者)

以来、ブログとツイッターの更新は再び途絶え、実家近くのカフェや行きつけの店などにも姿を見せない日々が続いている。

「タレントのJOY(31才)やユージ(28才)、ローラ(26才)などが集まるハーフ会のメンバーも心配してベッキーに連絡をとっているのですが、返事がないとか。
今、連絡をとっているのはハリセンボン・近藤春菜(33才)など限られた数人だけ。
矢口真里(33才)のように“汚れキャラ”に転身してくれるなら起用の余地もあるのですが…」(テレビ局関係者)

そんなベッキーとは対照的に、川谷は「ROCK IN JAPAN」などの音楽フェスに出演したり、
コンサートで全国を回るなど精力的に活動。
冒頭、ラーメンを食べ終えたベッキーはまっすぐ実家へと戻った。

※女性セブン2016年9月8日号


no title

2016年08月28日 16時00分 NEWSポストセブン

http://parts.news-postseven.com/picture/2016/08/1632_becky.jpg



title="この記事の続きを読む">

【速報】タレント・ベッキーが「しくじり先生」出演クル━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━!?

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/07/01(金) 07:16:07.39 ID:CAP_USER9
“ゲス不倫休業”を経て5月にレギュラー出演していた「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)で一時復帰したものの、
本格的な復帰のメドが立たないベッキー(32)が、人気バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!」(テレビ朝日系)への出演を真剣に検討しているという。
かつて10本のテレビレギュラー番組を抱えていたベッキー。だが「金スマ」での復帰が、
他局への根回しナシだったことから反感を買ったとされるだけに、騒動すべてを総括して反省する計画だという。

ベッキーは5月13日放送の「金スマ」で、実に104日ぶりのテレビ復帰を果たした。
6月10日には、司会を務めたBSスカパー!「FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~」(7月上旬放送予定)の収録に臨み、
報道陣の取材にも応じ、不倫騒動を改めて謝罪した。

だが、本紙既報通り、「金スマ」の収録が、不倫相手のロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)の妻(のちに離婚)への謝罪前だった上に、
他局のレギュラー番組への説明もなかったことなどから、反感を買ってしまったのも事実。それが、他のレギュラー番組で復帰できない理由といわれている。

一連の不倫騒動では、ベッキーサイドの失敗はそれだけではなかった。

「週刊文春発売前日の1月6日に行った会見は、質問を受け付けず、内容も『(川谷とは)友達』などと、
後に語ったようにウソばっかり。CMや番組のスポンサー対策だったが、結果としては最悪だった」(テレビ関係者)

そんな状況でオファーが来たのが「しくじり先生」だ。同番組は「人生を盛大にしくじった人から、
しくじりの回避法を学ぶ」を基本コンセプトに、ミスを犯した芸能人自ら“しくじり先生”として、同じ過ちを犯さないよう伝授する。

「ベッキーには川谷との不倫愛に至るまでの話や、その対処法について何が正解で、何が間違えたのかを自らの口で語ってもらいたい。
本人にとっても、素直に総括し、反省すれば道も開けるし、番組も成立するというわけです」(制作関係者)

同番組ではこれまでに元ライブドア社長・ホリエモンこと堀江貴文氏(43)や元衆議院議員・杉村太蔵氏(36)、
元サッカー日本代表・前園真聖氏(42)らが“先生”として、これまでの過ちを自ら振り返って話題になった。

「ベッキーの場合、不倫そのものをスポンサーが相変わらず嫌っているので、このままでは地上波での番組復帰は難しい。
復帰を果たせたとしても騒動前の優等生キャラからの路線変更は必要だ。
私生活をぶっちゃけるキャラにならないと再生できない。その転機として『しくじり――』は最適かも」(制作会社幹部)

果たして、出演が実現するのか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000005-tospoweb-ent
東スポWeb 7月1日(金)7時1分配信

no title

no title

title="この記事の続きを読む">

【悲報】タレント・ベッキーの歌手活動は絶望的に → コレは可哀想・・・・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/06/14(火) 21:11:58.98 ID:iJhMD6RO0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫騒動により休業していたタレントのベッキーが10日、約5か月ぶりに報道陣の前で会見を行った。

BSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS?音楽は、フルコーラス?」の収録前に報道陣の取材に応じ、「ゼロから頑張りたい」と今後の意気込みを語った。
また、仕事復帰できたことに「すごく有り難い」と感謝。ベッキーが休業している最中には、一部メディアで「芸能界引退」も報じられていたが、
「私は芸能界で復帰したいっていうのが一番にあった」とも告白した。
今現在は川谷への気持ちはないと説明し、「もう会うことはない?」と報道陣から質問されると、「ないと思います」と断言した。

今後の仕事については未定となっているが、タレント活動は継続していくベッキー。
しかし、タレント活動はできても歌手活動は二度とできなくなってしまったという。
ベッキーは1999年にCDデビューし、これまでにシングル・アルバム合わせて16枚作品を発売。
2012年12月12日発売の7thシングル「MY ?ありがとう?」(ベッキー♪♯名義)が、最後の作品となっている。

「今後、歌手活動をスタートさせ、楽曲を発売するとなると、当然テレビ番組や音楽系のイベントに出演することになる。
そこで、ゲスの極み乙女。と当然バッティングする可能性は高い。本人も川谷とは『会わない』と断言しているだけに、ここは非常にデリケートな問題になる。
テレビ局側やイベント主催者も演出に関して非常に気を遣うことになり、面倒なことになる。
当然、事務所側もそこは把握しているため、ベッキーを歌手として活動させることは、今後可能性としてはまずないでしょう。
これ以上、迷惑はかけられないですからね」(週刊誌記者)

となると、ベッキーの活動はやはりタレント活動が中心となってくる。
今後、どのような展開をみせるのか、ベッキーはどういったタレントとして仕事を続けていくのか。厳しい試練が待っているようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1145664/
no title

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村