世界

【超衝撃】「君の名は。」が世界で最も稼いだ日本映画に → その結果wwwwwwwwwwwwwwww

maxresdefault (15)

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/01/18(水) 11:28:05.50 ID:hSeT/J/L0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
国内でも依然ロングラン公開を続ける新海誠監督の劇場アニメ『君の名は。』が、また大きな記録を作った。日本映画の中で
世界興行収入が、最も多い作品となった。

米国の映画興行情報サイトBOX OFFICE MOJOによれば、2016年8月27日の日本公開から2017年1月8日までの『君の名は。』の
日本を含む全世界興行収入は、2億8101万2839ドルだった。日本円で337億円を超える。(1ドル=120円で計算) 
これまで1位であった『千と千尋の神隠し』の2億7492万5095ドルを上回った。
 
『君の名は。』は、国内では1月13日にIMAX上映がスタート。1月14日、15日の国内週末興行ランキングでは再び2位に浮上、いまだ高い人気を誇っている。
 
また中国、韓国、フランスで公開中、さらに北米公開も控えている。今後もまだまだ記録を伸ばすとみられる。

『君の名は。』の国内累計興収は232億円と大記録ながら、歴代1位の『千と千尋の神隠し』の308億円からは大きく引き離されている。
それがワールドワイドで『千と千尋の神隠し』を超えたのは、海外でのヒットが大きな役割を果たした。

http://animationbusiness.info/archives/1913

title="この記事の続きを読む">

【緊急】BABYMETALが世界的に成功した『本当の理由』がコチラwwwwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/05(土) 16:32:43.13 ID:CAP_USER9
 9月19日、20日に催された『BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND -METAL RESISTANCE- RED NIGHT & BLACK NIGHT』の東京ドーム2公演は、BABYMETALという存在の巨大化ぶりをみせつけた。

no title

BABYMETAL『BABYMETAL -来日記念限定盤-』

 このメタル・ダンス・ユニットは2010年の活動開始以来、国内で支持を拡大しつつ、海外進出を果たした。その後は、逆輸入のような形でさらに注目度が高まり、人気が増幅してきた。東京ドーム公演は現時点までの集大成といえる一大エンターテインメント・ショーだったし、BABYMETALの海外での成功を印象づけた、今年4月のイギリスでのウェンブリー・アリーナ公演を収録したDVD『LIVE AT WEMBLEY』も11月23日にリリースされる。また、彼女たちは、アメリカの大物ロック・バンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズが12月に行うイギリス・ツアーにスペシャル・ゲストとして参加する。快進撃はまだ続きそうだ。

 それにしても、BABYMETALがこれほどまでの成果を上げると予想した人が、初期にどれだけいただろうか。デビュー曲「ド・キ・ド・キ☆モーニング」は、アイドル・ポップスとヘヴィ・メタルを強引に合体させたアレンジで、いかにも企画モノという第一印象だった。

 AKB48のブレイク後、多数のアイドル・グループが競争を繰り広げるなか、音楽面でも様々なチャレンジ、実験が試みられた。ももいろクローバーZの「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」にはいかにもメタルなギター・ソロが挿入され、後に彼女たちはアメリカの老舗ハード・ロック・バンド、キッスとコラボ・シングルを発表した。でんぱ組.incはアメリカのヒップホップ・ユニット、ビースティ・ボーイズがやかましいバンド・サウンドで録音した「サボタージュ」をカバーし、BiSがノイズ・バンドの非常階段とコラボしてBiS階段を結成したりもした。

 アイドルという存在が真ん中にいるのであれば、どんな傾向のサウンドでもアイドルの曲として成立するはず。そんな姿勢でサウンドの選択肢が広げられていったわけだ。しかし、多くのグループにとって、アイドル的な「カワイイ」と対照的なやかましい音というのは、基本的には飛び道具として扱われ、いろんな曲調を歌うなかでの一つ、あるいは一時的な企画と位置づけられていた。

 さくら学院の重音部として出発したBABYMETALも、当初は母体であるアイドル・グループから派生した一時的な企画モノに思えた。だが、このユニットは、メタルにこだわり続けることで、現在に至るまでの予想外の発展をみせる。


http://realsound.jp/2016/11/post-10006.html
http://realsound.jp/2016/11/post-10006_2.html

title="この記事の続きを読む">

【驚愕】世界のセ❍クス許可年齢がコレwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

no title
2: 超速V話題のまとめちゃん 2016/02/17(水) 18:31:57.963 ID:o1NAZ9ct0.net
ミス
no title

title="この記事の続きを読む">

【衝撃的】グーグルが近く発表する金属製素材がヤバイ → 世界を変える可能性もwwwwwwwwwwwwwwwww

fadd6c79

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/02/18(木) 20:58:46.22 ID:CAP_USER.net
http://japan.cnet.com/news/service/35078085/
 謎に包まれたGoogleの研究部門「X」が、極めて丈夫で重力に逆らう素材を近いうちに発表する可能性が出てきた。
同部門の責任者は、これが世界を変えるかもしれないと考えているという。

 Googleは、骨の構造にヒントを得たBoeingのマイクロラティスを超える素材を生み出そうとしているのかもしれない。
現在「世界で最も軽い素材」とされているマイクロラティスは、高い強度を持ちながら、
タンポポの綿毛の上に乗せても種子と冠毛をつなぐ繊細な柄を傷めないほど軽い。
Boeingが生み出したこの金属製素材は、確かに軽いが落とせば地上へ落下する。
しかし、Googleがひそかに開発を進めている画期的な新素材は違うようだ。
Google Xの責任者であるAstro Teller氏によれば、この素材は「宙に浮きたがる」のだという。
 「これはわれわれが上空、建築物、輸送などと関わる方法を変えるかもしれない」と、Teller氏はBackchannelへの
投稿で述べた。同氏はこの投稿で、中止になったプロジェクトや継続中のプロジェクトについて書いている。
継続中のものとして、気球で中継するインターネット接続プロジェクト「Project Loon」などがある。

今回の謎の素材は、空気より軽い貨物飛行船を作るという中止されたプロジェクトから生まれた
。Googleは、このプロジェクトによって航空貨物のコストが船便のコストに近いレベルまで下がる可能性があり、
船舶より少ないカーボンフットプリントで、海路より速く物資を運べるようになると考えていた。
 Teller氏によると、このプロジェクトが中止されたのは、研究開発や試作に必要な資材に2億ドルほどかかり、
経済的負担が大きすぎると判断されたためだったという。
 「Xは、ミスをして学び、設計を見直すという厳しいフィードバックループにのっとっているため、
2億ドルという金額は、自分たちが正しい軌道に乗っているかの判断に必要な最初のデータを獲得する費用としては
あまりに高額すぎた」とTeller氏は述べている。」
 Googleは2月に入り、「Project Loon」のようなX関連プロジェクトや「Google Fiber」など、
「Other Bets」(その他)部門にかかった費用が、2015年のGoogle部門の総設備投資額88億ドルの約1割に相当する額になったと報告している。

 中止になったもう1つのXプロジェクトは、消費者に近い場所で農作物を育て、輸送の手間を削減することを
目指した自動垂直農場システムだ。このシステムは水を効率的に利用するものの、米や穀物といった主要な
農産物を育てることができなかったために中止となった。
 Teller氏はまた、ハンドルのない自律走行車を作るというGoogleの選択を擁護した。カリフォルニア州は2015年、
運転者が必要に応じて車を手動で制御できるようにするために、Googleの車には必ずハンドルをつける必要があると述べていた。
 だが、Teller氏によれば、車が運転操作のほとんどを担っている状態でハンドルを使えるようにすると、かえって安全でないことが判明したという。

 「運転席に乗っている人は、車が人間に制御を戻す必要がある場合に備えて常に警戒し続けるという、
自らの役割を果たさなかった」とTeller氏は記している。
 「目指すのは、人間が真の意味で搭乗者となる車だ。あなたは自分がどこに行きたいのかを車に知らせ、ボタンを押す。
すると車が、A地点からB地点まであなたを連れて行ってくれる。自力でだ。われわれはこのようにモビリティを変革できるはずだ」(同氏)

 一方、Loonも難しい段階を乗り越えたようで、インドネシアの通信事業者との交渉が順調に進んでいるほか、スリランカで
今週より実験を開始する。Googleはスリランカ政府が25%の株式を保有する合弁企業を同政府と設立し、それと引き換えに実験用の帯域を獲得している。

 Teller氏によれば、LoonはGoogleが手がける中でも「おそらく最も突拍子もなく聞こえる」プロジェクトであり、
Googleが空に浮かべた気球を制御する方法を見つけ出せなければ、早々に中止の憂き目に遭うところだったという。
 2016年内には、Loonの気球がインドネシアや他の場所で「本サービスのテスト」のために飛ばされる見込みだと、Teller氏は述べている。

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村