事件

【超速報】首都圏連続不審死の犯人・木嶋佳苗が死刑確定キタ━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━!!!

no title
37: 超速V話題のまとめちゃん 2017/04/14(金) 15:12:34.55 ID:kkBtz1IA0
婚活殺人のやつか

no title

つかましな画像ねえのかよw



<連続不審死>木嶋被告の死刑確定へ…最高裁が上告棄却
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000047-mai-soci

 2009年の首都圏連続不審死事件で男性3人に対する殺人罪などに問われた木嶋(土井に改姓)佳苗被告(42)の上告審判決で、
最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は14日、被告の上告を棄却した。死刑とした1、2審判決が確定する。

 3件の殺人事件は木嶋被告の関与を示す直接証拠がなく、弁護側は公判で「被害者は自殺した可能性が高い」などと無罪を主張。
裁判員裁判の1審・さいたま地裁は12年4月、死亡現場から発見されたものと同種の練炭や睡眠薬を木嶋被告が入手していたなどと状況証拠を積み重ねて有罪認定し、
2審・東京高裁も地裁判決を支持していた。

 1、2審判決によると、木嶋被告は09年、結婚情報サイトで知り合った当時41~80歳の3人を練炭自殺に見せかけて殺害するなどした。
被告は2審判決後、東京拘置所に勾留されたまま結婚した。

title="この記事の続きを読む">

【緊急速報】千葉9歳女児殺害事件で同じ学校のPTA会長・澁谷恭正(46)を逮捕 → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

no title


1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/04/14(金) 10:13:42.52 ID:8RG8oRFy0●?2BP(2000)

テレ朝news‏ @tv_asahi_news

【速報】千葉9歳女児殺害事件で逮捕された40代男は同じ学校のPTA会長

午前9:37 · 2017年4月14日

https://twitter.com/tv_asahi_news/status/852682173488349185

title="この記事の続きを読む">

【訃報】俳優・渡瀬恒彦さん死去 → ご冥福をお祈りします・・・・・・・・・・・・・

3012967f2ae9eab8985d37703567ea85

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/03/16(木) 05:02:23.65 ID:CAP_USER9
 「事件」「震える舌」「仁義なき戦い」シリーズなどの映画や「十津川警部」「おみやさん」をはじめとする推理ドラマでも活躍した俳優の渡瀬恒彦(本名同じ)さんが14日、胆のうがんのため東京都内の病院で死去した。72歳。島根県出身。葬儀は近親者のみで営む。喪主は妻い保(いほ)さん。兄の渡哲也(75)とはまた違った男の魅力で人気を誇ったスター俳優だった。

 仕事復帰を信じて頑張った渡瀬さんが静かに息を引き取った。

 がんとの闘いは一進一退を繰り返し、家族の願いは届かなかった。1月21日に松方弘樹さんが74歳で死去した際には「年齢も近く、東映の撮影所で共に育ってきました。今は言葉が出ません」とコメントを出した。あれからまだ2カ月だった。

 渡瀬さんは15年夏ごろに体調不良を訴え、検査の結果、胆のうに悪性腫瘍が見つかって都内の大学病院に入院。5カ月間、仕事を入れず、抗がん剤の投与と放射線治療を受けた。効果が出て、少しずつ仕事復帰を果たしたが、完治せず、入退院を繰り返していた。

 早大法学部を除籍になった後、電通PRセンターに入社。兄の渡は既に日活の青春スターとしてスターの階段を駆け上がっていたが、渡瀬さんは芸能界に全く興味がなかった。そこを口説いたのが東映の岡田茂社長(当時)で、69年に同社と契約を結んだ。

 70年に石井輝男監督「殺し屋人別帳」でデビュー。「仁義なき戦い」シリーズなど数多くのやくざ映画やアクション作品で実力を養い、78年に出演した深作欣二監督の「赤穂城断絶」と野村芳太郎監督の「事件」の演技でブルーリボン賞助演男優賞などを受賞した。その後も「震える舌」「南極物語」などの話題作で存在感を見せる一方、映画界の斜陽化に伴ってテレビでの活躍も目立つようになった。「十津川警部」(TBS)「おみやさん」などは息の長いシリーズとなった。

 私生活では73年に女優の故大原麗子さんと結婚したが78年に離婚。翌79年に新潟県出身のOL、い保さん(69)と再婚し、息子と娘に恵まれた。04年の「十津川警部シリーズ 東北新幹線“はやて”殺人事件」で大原さんと26年ぶりの共演を果たし話題を呼んだ。大原さんが09年8月に62年の生涯を閉じると、同23日に営まれた「お別れの会」には渡瀬さんも参列し、別れを告げていた。

 ◆渡瀬 恒彦(わたせ・つねひこ)1944年(昭19)7月28日、島根県生まれ。69年に東映に入社。70年「殺し屋人別帳」でデビュー。主な代表作に映画「赤穂城断絶」「事件」「仁義なき戦い」シリーズ、ドラマ「十津川警部」「北アルプス山岳救助隊」「世直し公務員」「おみやさん」シリーズなど。兄は俳優の渡哲也(75)。

スポニチアネックス 3/16(木) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000175-spnannex-ent

title="この記事の続きを読む">

【速報】高畑裕太の事件で話題の高畑家が家庭崩壊した結果 → こうなる・・・・・・・・・・・・・・・・

default_e8d4888fa864cb0483f6e372c846138e

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/03/13(月) 17:35:04.99 ID:tLiw4agF0 BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
https://news.infoseek.co.jp/article/tocana_51078/

「あの事件で、家庭がめちゃくちゃになった…」。昨年8月にホテル従業員への暴行容疑で逮捕され不起訴処分になった高畑裕太の母・高畑淳子は周囲にこうこぼしているという。

裕太は釈放後、埼玉県内の病院に入院したが、昨年末に母親と住む自宅に戻った。裕太は精神的に落ち込み、自宅に引きこもり「仙人のようにヒゲが伸びていた」という近隣住民の目撃談もある。
 
 母・淳子としては何を言われようが、最愛の息子。いまだ事件を冤罪と思い込んでおり、裕太に容赦ない報道を浴びせたマスコミには敵意ムキ出しだ。

「週刊文春」3月2日号では、自宅前に集まっていたマスコミに対し、般若のような形相で「あなたたち、何やってるの! 私が何をしたんですかぁ!」と、怒鳴り散らしたという。これを受け、ネット上では「全く反省してない」「涙の謝罪会見は何だったの?」
「息子の事叱れよ」と批判が殺到したが…。

「これまで我慢していた淳子さんの感情がこの日は爆発したのでしょう。それほどいまの“高畑家”はヤバイそうですから」

 そう明かすのは、高畑を知る舞台関係者だ。一部では淳子が息子の就職先探しに奔走。自身の劇団青年座で引き取るという話も流れているが、

「そんなレベルではないみたいですよ。裕太君の精神はいまも不安定で、母親に対し罵声を浴びせることもあるそうです。
さすがに殴ったりはしていないでしょうが、彼女は周囲に『裕太が怖い…』とこぼしているとか。息子が何を考えているかわからないそうです」(同)という。

「裕太さんは幼少期、通学途中で見つけた石コロを蹴り続けることに熱中するあまり、大遅刻するなど、他人とは違う行動で目立ってきた。
高校時代のアダ名は『バカ畑』。そんな彼と体を張って向き合ってきたのが淳子さんなんです。ようやくタレントとして独り立ちしたと思った矢先に事件を起こし、昔の状態に戻ってしまった。いや、もっと悪いかもしれません。
彼女の脱力感、喪失感は計り知れませんよ」(同)

 裕太の“再入院”もウワサされるなか、淳子の心が休まる日はやって来るのか――

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村