俳優

【訃報】「おヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優・藤村俊二さん死去 → ご冥福をお祈りします・・・・・・・・・・・・・・・・・

6255

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/02/01(水) 15:06:38.68 ID:CAP_USER9
 「おヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優の藤村俊二さんが25日、心不全のため死去した。82歳。神奈川県鎌倉市出身。体調不良のため、2015年10月で日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」のナレーションを降りてから療養生活を送っていた。

 軽妙な味で多くのファンに愛された「おヒョイさん」が静かに逝った。11年10月から担当し、好評を博した「ぶらり…」を降板する際、長男で所属事務所の代表を務める亜実さんは「どこかが悪いというわけではないが、“思うように仕事が出来ないまま、皆さまの前に姿を見せたくない”と言っている」と説明。原因不明の体調不良で、一昨年10月末から入退院を繰り返していた。

 実父は東京・有楽町の映画館スバル座やオリオン座などを持っていたスバル興業の社長だった。藤村さんは小学校から高校まで暁星学園で学び、演出家を目指して早稲田大学第1文学部演劇学科に入学したものの中退。東宝芸能学校舞踊科に入り直した。

 日劇ダンシングチーム12期生として1960年に渡欧したが、あまりのレベルの高さに自らの限界を痛感して舞踊家の道を断念。帰国して振付師に転向した。ザ・ドリフターズの大人気番組「8時だョ!全員集合」では民謡「北海盆唄」をアレンジしたオープニング「エンヤーコラヤ ドッコイジャンジャン コーラヤ」を振り付けた。同番組ではエキストラとしての出演も求められたが、これが嫌で「ひょい」と逃げたことから「おヒョイ」のあだ名がついた。

 軽妙でとぼけた味が人気で、フジテレビ「なるほどザ・ワールド」、日本テレビ「ゲバゲバ90分」、TBS「ぴったしカン・カン」など、バラエティーやクイズ番組に引っ張りだこ。映画「青春喜劇・ハレンチ学園」(70年)、「喜劇・猪突猛進せよ!!」(71年)や三谷幸喜脚本の「王様のレストラン」(95年)、「古畑任三郎」(96年)などのドラマでも評判を呼んだ。声優やナレーターとしても才能を存分に発揮した。

 愛川欽也さん、大橋巨泉さん、財津一郎(82)らと結成した「昭和九年会」のメンバー。芸能活動の一方で、南青山でバー「O,hyoi,s」(オヒョイズ)を経営していたが、10年12月に閉店。私生活では1961年9月に元日劇ダンサーの女性と結婚して一男一女をもうけたものの、95年に離婚。翌96年にニュース番組のリポーターなどを務めていた長尾みか代さん(54)と再婚。28歳差婚が話題を呼んだ。

 ◆藤村 俊二(ふじむら・しゅんじ)1934年(昭9)12月8日、神奈川県鎌倉市生まれ。日劇ダンシングチーム12期生として60年に渡欧。帰国後、振り付け師に転向し、レナウン「イエイエ」のCMなども担当。三谷幸喜作品に俳優として多く起用された。「タレント」という肩書きが嫌いで「アクター(俳優)」を自認していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000122-spnannex-ent

title="この記事の続きを読む">

【訃報】俳優・松方弘樹さん(74)が死去 → ご冥福をお祈りします・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 (5)

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/01/23(月) 17:34:22.25 ID:CAP_USER9
“松方弘樹さん死去 74歳 脳リンパ腫、「仁義なき戦い」「柳生一族の陰謀」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース”

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000138-spnannex-ent

title="この記事の続きを読む">

【速報】袴田吉彦と不倫のグラドル・青山真麻(32)が有名俳優との暴露予告 → それがコチラ・・・・・・・・・・・・・・

az_m5rw1m8

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/01/23(月) 14:47:17.95 ID:CAP_USER9
俳優の袴田吉彦(43)との不倫を週刊誌で暴露したグラビアアイドル青山真麻(32)が、ほかにも交際したことがあるという芸能人に関するエピソードを披露すると予告した。

 青山は23日放送のフジテレビ系「バイキング」にVTR出演。袴田との不倫を「週刊新潮」に暴露したことで売名行為と批判の声があがっていることについて「不倫自体、いいふうには言われないことはわかっている」としつつも「正直こんなに話しが大きくなるとは想像してなくて、それを望んでいたわけではない」と語った。

 不倫を暴露した理由は「どちらかと言えば、彼に(自分のことを)気づいてほしかった」という。しかし売名目的に関しても「注目されるといいますか、『こういう子がいるんだ』っていうふうになるのはもちろんわかっていたので、どこかではありました」と語った。

 罪悪感は「少しはある」としつつも、「(芸能界での)チャンスをもらった」と青山。今後の目標は日本テレビ系「しゃべくり007」への出演のほか、「深田恭子さんが好きなので」と女優志望であることを明かした。

 さらに、袴田のほかにもこれまでに5~6人の芸能人と交際したことがあるという。その中には有名俳優もいるとのことで「個人名は出さずに言える範囲で。面白いエピソードはあるので」と期待をもたせた。

ソース
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1769151.html

title="この記事の続きを読む">

【衝撃】タレント・嶋大輔(52)がとんでもない事実を告白 → コレはヤバすぎる・・・・・・・・・・・・・・・

no title

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/01/22(日) 10:26:58.42 ID:3/EIMLAx0 BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典
嶋大輔 自宅売却、対人恐怖症など引退後のつらい日々を告白
NEWS ポストセブン 1/22(日) 7:00配信

1980年代、『男の勲章』が70万枚の大ヒットとなり、一躍スターダムにのし上がった俳優の嶋大輔(52才)。
参議院選挙に出馬するため2013年4月、芸能界を引退。ところが、自民党の公認を得られず、すぐに出馬を
撤回した。それから芸能界に復帰をしたのは2015年7月のことだった。復帰までの間、家に引きこもるなど
つらい日々を送っていたという。嶋が”空白の2年間”のすべてを告白する――。

――芸能界引退から昨年復帰するまでの間、なにをしていたのですか?

嶋:自民党に内定をいただいていたのに、急に公認見送りでしたから、ショックで半年くらい何も
できませんでした。こんな結果になって、信じてついてきてくれたファンの方にも申し訳ないという
気持ちになりましたし、家に嫌がらせもありましたし…。

 色々なことが一気に起こって、人を信じられなくなって、対人恐怖症のようになったんです。
半年は家にこもって、誰とも会いたくない、しゃべりたくないという状況でした。その後、外に
行けるようにはなりましたが、コソコソしていましたね。誰かに見られているんじゃないかと思って、
マスクなしでは外出できませんでした。そのせいで、部屋のごみ箱はマスクの山でした(苦笑)。

 それにその頃、ストレスで急激に太りました。政界に進むと決めてから芸能界引退会見をするまでに
7kg太って、公認取り消しでまた7kg太って、それからまた少し増えて94kgだった体重が110kgまで増えたんです。
※長文のため後略
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00000001-pseven-ent

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村