松山ケンイチ

【超速報】フレンドパークで木村拓哉が松ケン無視のワンマンホッケーに視聴者があ然 → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

20170108-00000019-mantan-000-1-view

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/01/10(火) 18:29:12.09 ID:CAP_USER9
 1月9日、バラエティ番組「関口宏の東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!!」(TBS系)が
放送された。同番組は6年ぶりの放送で、今回は新ドラマの俳優陣が多数出演し注目を集めた。

「番組には、『A LIFE~愛しき人~』の木村拓哉、『下剋上受験』の阿部サダヲ、『カルテット』の
松たか子など、1月スタートとなるTBSドラマ出演者12名が登場。そしてそれぞれのチームが5つのゲームで
対決しました。結果は、木村チームが最後のエアホッケーで勝利したため、逆転優勝となりました」(テレビ誌記者)

 途中までは阿部チームに総合得点で負けていた木村チームだったが、最後のエアホッケーにて、
木村がホンジャマカから連続して点数を決め、勝利を掴み取った。

 しかし、木村のエアホッケー対決が視聴者をざわつかせることになった。

「エアホッケーは2人1組で対決するため、木村は松山ケンイチとペアを組み、勝負しました。その際、
木村は円盤をマレットで毎回押さえ、ほぼラリーすることなく強い一撃で得点を取る作戦を実行。
そのため、隣にいた松山は、ほとんど動くことなくゲームは終了しました。この光景に視聴者からは
『ラリーのないエアホッケーなんて観ていて面白くない!』『松ケンもゲームに参加させてあげて』
『バラエティ的な面白さより、勝つことを優先したんだろうね』と批判的な意見が飛び交うこととなったのです」(前出・テレビ誌記者)

 その後にプレイした阿部チームは、ホンジャマカに敗北したものの、手に汗握るエアホッケーラリーを
見せつけた。それだけに木村チームのプレイには物足りなさを感じた視聴者が多かったのかもしれない。

(森嶋時生)

http://www.asagei.com/73397

title="この記事の続きを読む">

【悲報】松山ケンイチ主演の「珍遊記」に批判殺到して大変な事に → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

00-top

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/03/05(土) 09:53:19.07 ID:CAP_USER*.net
週刊少年ジャンプで連載されていた人気クソ漫画「珍遊記」が、主人公役に松山ケンイチを迎えて実写映画化。
上映数か月前から「どんな映画になるんだ!!」「クソ漫画だけどクソ映画にはなるまい」と大きな期待が集まっていたが、実はとんでもないクソ映画だったことが判明した。

・上映中に席を立って帰る観客

あまりにもクソ映画だったため、多くの観客がクソだと酷評。クソ映画の上映中に席を立つ観客もおり、
トイレでクソをするのかと思いきや、そのまま帰ってしまう観客もいたというのだ。実際にクソ映画を観た観客のひとりは次のようにインターネット上で語っている。

「予告編を観たうえで、あえて劇場に赴き、1800円支払って席につく人物は一体ナニモノか? どう考えても、まともじゃありませんよね」。

以下は、クソ映画を観たほかの観客たちの声である。

・インターネット上の観客の声
「小学生にはウケそう」
「中盤から終盤のグダグダ感は観ていてウンザリしてきます」
「なんでこんな映画を観に来たんだろう?」
「編集の下手さなのか、間合いが悪すぎてせっかくのギャグが笑えない」
「真剣にこれ作ってるとしたら東映ホントに血迷ってる」
「太郎に復讐を誓うオリジナルキャラの動機がちょっと薄い」
「倉科カナは嫌いではないけど彼女が下ネタ言った所で別に笑えなかった」
「お金出して見てたらこれは原作ファンの人もキツイだろう」
「途中で退席する人もいました。面白くもなんともない 」
「なんとかしてくれとおもいました」
「ばばあを演じた笹野高史の演技力に騙されました」
「漫画太郎の描く鬼気迫る世界など、まるで再現されておりません」

そもそも、原作もクソ漫画だったが、愛されるクソ漫画だった。だからこそクソアニメ化や映画化もされたわけだ。
しかし、実写映画は愛されないクソ映画になってしまった。かつて酷評されまくった「進撃の巨人」以上のクソ映画ともいわれており、
リピーターがいるのかどうか、そのあたりも心配である。
http://buzz-plus.com/article/2016/03/05/chinyuuki-movie/



title="この記事の続きを読む">

【衝撃的】「珍遊記」が松山ケンイチで実写映画化 → 漫☆画太郎のコメントがヤバすぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2015/12/11(金) 06:14:05.33 ID:CAP_USER*.net
2015年12月11日 6:00

漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」が、松山ケンイチ主演で
実写映画化されることが決定した。松山が主人公の山田太郎に扮した、
ティザービジュアルも公開されている。

「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」は、札付きの暴れん坊・山田太郎が、
僧侶の玄じょうとともに旅する様子を描くギャグマンガ。
週刊少年ジャンプ(集英社)にて1990年から92年にかけて発表され、
完結後もコアなファンから高い支持を得ている。

その後2009年にはアニメ化を果たしたほか、続編にあたる
「珍遊記2~夢の印税生活編~」が2009年から10年までビジネスジャンプ(集英社)にて連載された。

監督は「地獄甲子園」「魁!!クロマティ高校 THE☆MOVIE」などを手がけてきた山口雄大、
脚本はお笑いトリオ鬼ヶ島のおおかわらと、「おそ松さん」のシリーズ構成を務める
松原秀が共同で担当。画太郎は映画について「史上最低の糞映画にしろって言ったのに、
なんでこんなに面白くしたんだバカヤローッ!!」と賞賛の声を寄せている。

映画は「珍遊記」のタイトルで、2016年2月27日より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。
なお少年ジャンプ+では、12月24日23時59分までの期間限定で、原作1巻を無料配信している
ので確認してみては。

◆◇◆◇

・松山ケンイチコメント

しばらくの間、僕を裸にしてくれる作品がなかったので受けさせて頂きました。
自分としては良く脱げた方だと思います。

・漫☆画太郎コメント

史上最低の糞映画にしろって言ったのに、
なんでこんなに面白くしたんだバカヤローッ!!
◯◯の巨人の監督に撮り直させろーーッ!!!


・映画「珍遊記」ティザービジュアル (c)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
no title

・新装版「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」1巻
no title

http://natalie.mu/comic/news/168863

title="この記事の続きを読む">

【速報】俳優・松山ケンイチが変な役しかやらない衝撃の理由をご覧くださいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ど根性ガエル 松山ケンイチ 画像 1

1: 超速V話題のまとめちゃん 2015/07/10(金) 00:18:35.045 ID:IQqFttfqr.net
子供を人質にとられてるの?

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村