漫画

【衝撃画像】フジテレビの新人アナがヤバすぎると話題に → それがコチラwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/05/10(水) 23:44:43.81 0
http://www.fujitv.co.jp/ana/kurose/index.html

●好きなもの
マンガ、大盛りの白米
苦手なもの
ホラー、カエル、パクチー

●特技(自慢できること)
ルービックキューブ、ハイパーヨーヨー

●短所(ここは直したいなど)
掃除ができない、人見知り

●お休みのすごし方
家でマンガを読んだりテレビを見たり

no title

no title

title="この記事の続きを読む">

【超速報】エリア88などで有名な漫画家・新谷かおるさんが休筆宣言 → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/04/27(木) 20:29:37.29 ID:CAP_USER9
『エリア88』などの作品で知られる漫画家の新谷(しんたに)かおるさんが4月26日、Twitterで休筆宣言した。
新谷さんは1972年にデビュー。
漫画家生活は約45年に及び、ファンからは「長い間お疲れ様でした」「感動をありがとうございました」など、長年の活動をねぎらう声が相次いでいる。

no title


新谷さんは26日、月刊コミックフラッパーで連載中の「クリスティ・ロンドン マッシブ」最終回の原稿とともに、「これで漫画家として、一旦筆を置きます」と公式Twitterに投稿した。
この日66歳の誕生日を迎えたことを明かした上で、「一休みしてから新しい事に向かいます。長い間、ありがとうございました」と綴っている。

https://twitter.com/siomiso88/status/857226532317577216

■新谷かおるさんとは?

ニコンイメージングのインタビュー記事によると、新谷さんは1951年、大阪府豊中市生まれ。
高校卒業後、1972年、りぼん秋の増刊号に掲載された『吸血鬼はおいや?!』で漫画家デビュー。
山岸涼子、松本零士らのアシスタントを経て、1977年に独立した。

架空の国家の傭兵パイロットを描いた『エリア88』、バイクレースのライバル関係を描いた『ふたり鷹』はアニメ化もされた。
メカニックの緻密な描写に定評がある一方で、『クレオパトラD.C.』『砂の薔薇』など女性を主人公にした作品も多い。

■休筆へのファンからの反応

新谷さんの休筆宣言に対して、ファンからは長年の活動への感謝の思いを綴るツイートが次々と寄せられている。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/27/shintani-kaoru_n_16284496.html?utm_hp_ref=japan

title="この記事の続きを読む">

【超驚愕】銀魂実写版で橋本環奈に鼻くそをほじらせた結果 → こうなったwwwwwwwwwwwwwwwwww

9bcf6f67

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/12/23(金) 13:13:19.28 ID:wXkr2/2H0?2BP(1000)

少年ジャンプ副編集長が謝罪! 橋本環奈、人生初の鼻ほじり&演技指導告白で…
アイドルグループ「Rev.from DVL」の橋本環奈が、東京都内で23日か
ら開催される人気漫画「銀魂」の展覧会を前に、取材に応じた。
小栗旬主演で、来年夏公開の実写版映画に出演する橋本は、人生で初めて人前で、
鼻くそをほじる演技に挑戦したことを明らかにした。
 銀魂は週刊少年ジャンプで連載中。架空の江戸を舞台に主人公の侍、坂田銀時と仲間た
ちが大暴れするさまを型破りなギャグや下ネタを交えて描く。その作品世界が反映される実写版で、
橋本はヒロインの神楽を演じた。

 取材で橋本は、原作同様に神楽が鼻をほじるシーンがあり、監督から「こつは第1関節
を過ぎること」と、小指の突っ込み方について演技指導されたと照れながら話した。
アイドルの告白に、ジャンプの副編集長が編集側としての責任を感じたのか、
「すみません」とわびると取材陣から笑いが起きた。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20161223/enn1612231118006-n1.htm

title="この記事の続きを読む">

【超衝撃】俳優・小栗旬が「漫画の実写化」にばかり出演する理由がコレwwwwwwwwwwwwwwwww

oguri350 (1)

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/12(土) 11:26:55.17 ID:CAP_USER9
若手俳優界をリードする存在とも目されている小栗旬が、今月8日放送のバラエティ番組『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に登場。
そこで“熱すぎる”役者論を語ったことで大きな話題を呼んでいるが、そこで明かされたポリシーが「実写化俳優・小栗旬」を読み解くカギにもなっている。

その日番組では、ゲストである小栗の地元・吉祥寺で「アポなし旅」が行われた。ロケにはメインMCを務めるウエンツ瑛士と小栗が登場したのだが、
2件目の飲食店に入ったところでアルコール交じりの会話を交わしていくなかで、小栗の俳優魂が燃え上がったようだ。

まずウエンツが、視聴率が低迷している昨今のTV業界を踏まえて「とてつもない数字を叩き出す番組がなくなってる」
「それが悔しい」と吐露したのだが、それに対して小栗は「ヒット作を生まなきゃいけない」と責任感をにじませた言葉を返す。
ヒット作を生むべく、まず「脚本というものをかなり吟味させてもらってる」のだが、「たとえば連続ドラマだと、2話ぐらいまで台本ができている状態から撮っていく」
「途中からは時間がないから、ポジティブに変更できないことになる」と、納期的な制約に縛られたドラマ業界への不満を打ち明けた小栗。
それに抵抗するため「だから半分以上の台本を上げてくれないかぎり、自分はクランクインしない」というポリシーを貫いていることも明らかにした。

小栗の舌鋒はさらに鋭くなり、「なんで次のクールのドラマを今撮るのかって思うわけ」
「2クール前に撮っておけば、良い循環になっていくんじゃないかと思う」と直球の業界批判まで飛び出す。
だが番組ではここで「ドラマ業界がざわつく話が始まった」「ここからは映像だけでお楽しみ下さい」とテロップが流れて、熱弁がシャットアウトされてしまう。
さらに時間が経過して「10分後」というテロップが流れると、小栗が深刻なトーンで「何か色々考えなきゃと思う…」と呟いているところが映されたのだが、
すぐにスタッフから「一旦止めます」とストップがかかったことからも、よほど過激な発言、というかテレビ局にとって都合の悪い話をしていたのだと推測できる。

番組中に暴走してしまうほど昨今のドラマ低迷や業界の体質を憂いている小栗だが、
言葉だけでなく実際に「脚本を吟味する」「半分以上の台本が上がっていないとクランクインしない」という行動を起こしているのが流石だ。
小栗の熱い役者論が多くの人の心を動かすのは、口だけでなく行動を伴っているからなのだろう。

なお、小栗は人気マンガを原作とする2017年公開予定の映画『銀魂』で主演を務めることが決まり大きな話題を呼んでいる。
ファンにとっては周知のことだが、これまでにも2014年の『ルパン三世』や今年公開の『テラフォーマーズ』、そしてフジテレビでドラマ化・映画化もされた
『信長協奏曲』など、様々なマンガ原作作品に出演してきた。実力派俳優でありながら、色物扱いされがちな漫画実写化作品で活躍し続けている小栗だが、
その裏には今回明らかになったポリシーが絡んでいるのではないだろうか。

マンガを原作とする実写化作品であれば、どんなストーリーになるのかあらかじめ見通しが立つうえ、
原作サイドに確認を取る必要があるため脚本の上がりもオリジナル作品より早いことが多い。
だからこそ、じっくり作品と向き合いたい小栗は、あえて実写化作品を選んできたのではないか。

最近では新たに製作されるドラマ・映画の多くが原作付きで、とどまることなき“実写化ブーム”の様相を呈している。
ヒット作も次々に生まれ、映像業界を盛り上げているが、そこで小栗が果たしている役割は大きい。
業界をより良くしたいという熱い思いが、これからどんな風景を見せてくれるのか期待していきたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1226628/
2016.11.12 00:00 messy / メッシー

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村