結婚

【緊急】NMB48・須藤凛々花の握手会の様子が異様すぎると話題に → それがコチラ・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/06/24(土) 18:20:48.97 ID:CAP_USER9
17日のAKB総選で結婚発表をしたNMB48の須藤凜々花。21日の会見ですでに「卒業」の意志があることを伝えている。

 世間や芸能界から賛否があふれている彼女だが、24日に千葉の幕張メッセで開催された握手会に出席したようだ。まだ卒業したわけではないのでAKBグループのアイドルとして当然の「責務」に臨んだというわけだが......。

 ファンの間では、その異様な光景が相次いで報告されている。

「須藤のレーンに『スタッフや警備員が多すぎる』とファンがSNSで多数つぶやいていました。AKBグループでいえば2014年、ノコギリを持った男が握手会で暴れ、メンバーがケガをする事件が起きていますが、ファン投票を受けた中で結婚発表をした須藤に怒りをぶちまけるファンも多く、少々危険な印象はありました。スタッフが多いのも当然でしょうね」(記者)

 痛ましい前例、そして今回の騒動を考えれば須藤のレーンに対し特別措置がとられるのも当然といえる。何かが起こってからでは遅い。そもそも握手会に出演させること自体どうなのかという声もあるが......。

 ただ、やはり須藤のレーンは「お寒い状況」になっていたようで......。

「須藤の周りには警備員も含め、裏に多くのスタッフや関係者がいたようですが、肝心のファンは全然集まらなかったようです。そりゃあそうでしょうという話ですが、やはりあの結婚発表で大多数のファンは離れてしまったようですね。須藤はといえば堂々と笑顔を振りまいていたそうです。相当メンタルは強い模様」(同)

 鋼鉄の精神がなければあんな発表などできるわけがないということか。アイドル生命はすでに終わってしまったようだが。

写真
no title


2017.06.24
http://biz-journal.jp/i/gj/2017/06/post_3690_entry.html

title="この記事の続きを読む">

【悲報】キングコング・西野亮廣に批判殺到して大炎上 → その衝撃の理由が・・・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/06/22(木) 13:49:12.05 ID:CAP_USER9
http://www.asagei.com/tag/%e3%ad%e3%b3%e3%b0%e3%b3%e3%b3%e3%b0

no title


 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が、今度はAKBファンの気持ちを逆なでだ。
6月17日に開催された「第9回AKB48選抜総選挙」にてNMB48の須藤凜々花が結婚を発表。
この件を巡って西野は20日付のブログで「怒りを露にし、批判の声を上げたメンバーやファン、AKBという現象が面白すぎる」と、上から目線で評したのである。

 さらに「本当にファンを公言するのであれば、応援してあげて欲しい」との私見を披露。
それだけならまだしも、「『そうじゃねーよ!』と言われようが知ったこっちゃない」とAKBファンを煽る有様だ。
そんな西野に対し、自分に対する批判を禁じるとは何事だとの非難が寄せられているという。芸能ライターが呆れ顔で語る。

「私見を披露した西野は『僕の考えを、僕のブログで言っているだけで、それを頼んでもないのに勝手に見に来たのはキミだ』と書きなぐったのです。
しかしブログを見に来るほうが悪いと読者をなじるのは、表現者としては最悪の態度。
そもそもネットでブログを公開した時点で“頼んでもないのに勝手に見に”くることを容認したわけであり、批判を受け付けない独善的な姿勢は許されるものではありません」

 もっとも当のAKBファンは「炎上のネタを見つける才能は流石ですね」と皮肉るなど、西野の発言を受け流す向きもある。
もはや西野の炎上商法もネット民からは底を見透かされているようだ。

アサ芸プラス
2017年6月22日 09:59



title="この記事の続きを読む">

【速報】NMB48・須藤凜々花が握手会へ予定通り出席 → その結果・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/06/22(木) 11:42:18.83 ID:CAP_USER9
【須藤凜々花 会見詳報5】結婚時期「相談して決める」握手会では「ちゃんとしゃべりたい」

 17日に開票されたAKB48選抜総選挙で結婚宣言し物議を醸している
NMB48の須藤凜々花(20)が21日、都内で会見を行った。

 ――初めて出会ったのは。

 たぶん、お母さんの誕生日会だったと思う。

 ――彼に出会うまで自分が恋愛することは想像していたか。

 アイドルになっていなくても結婚できないと思っていた。恋ができないと思っていた。

 ――出会いはいつ頃。

 交際前からずっと知っていた。数年前の誕生日会です。

 ――彼と出会った時から自分が恋してると思ったのか。

 はい。人間として尊敬していた。たたずまいが素敵だと思った。あまり説明できないが、
下心がなく、目の色がきれいだった。

 ――卒業の時期は。

 まだです。

 ――結婚はいつごろまでに。

 早くしたいというわけではなく、彼と一緒にいたい。結婚はいつでもできると思ってる。
時期はNMBの大人と相談して決めます。

 ――残りの活動はどうしたい。

 本当に申し訳ないという気持ちは凄くあるが、それより感謝したい。一生懸命両方
やってきたので卒業まで全力でやっていきたい。

 ――これだけはやりたいということは。

 メンバー全員とちゃんと話したい。

 ――今後の握手会は大丈夫か。

 はい。いろんなことを言われるのは当然ですし、ちゃんとしゃべりたい。

 ――アイドルとしての財産は。

 人間として凄く成長させていただいた。ここまでアツくなれたり、アツさを共有できる
ファンだったり、仲間だったり、スタッフだったり、これ以上の仲間は現れないんじゃ
ないかっていうぐらい自分にとって大切なもの。これからもずっとそうです。

no title

http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/22/jpeg/20170622s00041000130000p_view.jpg

title="この記事の続きを読む">

【超速報】須藤凜々花「操り人形になるのは嫌。大人や権力に背を向けてでも自分に正直でいたい」 → その結果・・・・・・・・・・・・・・

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/06/20(火) 21:49:52.16
NMB48須藤凜々花が総選挙で結婚宣言した背景を考えてみた|ほぼ週刊吉田豪

 須藤凛々花がAKB48選抜総選挙のスピーチで結婚宣言をブチかました、このタイミングで彼女の哲学書『人生を危険にさらせ!』(
16年/幻冬舎)を読み直してみたら、非常に興味深い記述を発見しました。彼女がセンターになったNMB48のシングル『ドリアン少年
』について、政治社会学者の堀内進之介とこんな会話をしていたわけです。

「わたしは現に、この人を愛している。それはもうどうにも動かせない事実。そう、恋は『落ちる』ものなんです。わたしにとって
は、その事実こそが大事。誰かと比較して、世間一般の尺度で考えて、彼がどんな人かってことは関係ない。彼がそこにいて、もう
その存在から目が離せなくなっていて、愛おしい。そしてわたしは、その事実に殉じよう。わたしはこの人が好き! そういうメッ
セージが、この曲には込められているんです」(須藤凛々花)

「ふむふむ。わたしはこの人と現に恋に落ちてしまっている。愛してしまっている。そしてそのことに誠実でありたい、ってことで
すかね」(堀内進之介)

「そうなんです。まあわたし自身、世の中からズレることにそんなに抵抗がないっていう性格もあるんだと思うんですけど、でも、
この自分の底から湧き上がってくる思い? みたいなものを、他人の評価を気にして誤魔化すのはやっぱりよくないと思うんですよ
ね。だってわたしたちみんな、いつかは死んじゃうんですよ? 後悔しないように生きなきゃ!」(須藤凛々花)

 ......もはや今回の結婚宣言に対する解説でしかない気がしてくる、この発言。恋に落ちたら相手の職業も年齢も関係ないし、自
分のアイドルという職業も関係ない。彼女は基本的にこういう考え方をしている人だったわけですよ。

 そして今回の結婚宣言で、彼女のみならず裏にいるはずの大人に怒っている人も多いみたいなんですけど、これは別に大人がやら
せたってことではないとボクは思っていて。

 当時、『ドリアン少年』でセンターになったのは枕営業をしたからじゃないか、りりぽんじゃなくて枕ぽんだ!とネットで叩かれ
たとき、彼女はこうつぶやいていたわけですよ。

「操り人形になるのは嫌。
扱い辛い爆弾で結構。
大人や権力に背を向けてでも
私は私のことを私として接してくれるみんなの方を向いていたい。
そして、みんなと自分に正直でいたい」

「バカを見たって枕ぽんと言われたって正直でいますぜ。
一生懸命、美しい嘘で塗り固めて生きたってどうせ死ぬんだから。
経験はありません。処女です」

 日本語ラップが好きで、MC漢 a.k.a. GAMIの『ヒップホップ・ドリーム』(15年/河出書房新社)に共感し、ここまで言っていた
人が、果たして大人の操り人形になるものなのかなー、と。

 ボクはNMBの木下百花という人と交流があるんですけど、あの人を見ている限り、どれだけ好き勝手なことをやっても、それが面白
いものでさえあれば大人が黙認するグループに見えるんですよね。彼女が結婚宣言することがわかっていたのに、そこにゴーサイン
を出した大人に対して怒るメンバーの気持ちもわかるんですよ。

 でも、48グループというか秋元康自身が「面白ければ全て良し」的な発想の人だし、そもそも「誰かが総選挙のスピーチで結婚宣
言したら面白い」と公言していたぐらいなので、いまこうして彼女の結婚宣言が議論になっていることも、あの人は「面白いことに
なった!」と思っているはず。

 あと、『人生を危険にさらせ!』では「ファンの皆さんには、永続とは言わないまでも、できるだけ長く、しかも、変わっていく
わたしも含めて、それとして愛してほしいなぁ」という発言も印象深かったんですけど、結婚して子供もいる80年代アイドルのコン
サートに中年ヲタが多数集まっている光景を見ている人間からすると、それも不可能じゃないと思ってます。
Written by 吉田豪
http://n-knuckles.com/serialization/yoshida/news002389.html

須藤凜々花
no title

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村