落選

【緊急】タレント・和田アキ子が紅白歌合戦を永久追放クル━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━!?

9708616_324x486

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/29(火) 10:55:07.12 ID:CAP_USER9
“アッコ落選”の余波がいまだに続いている。

27日のワイドショーや情報バラエティーでも、今年のNHK紅白歌合戦に和田アキ子(66)が落選したことを軒並み取り上げたほど。
同じホリプロに所属する女医の西川史子は「ホリプロ内はかなりザワザワしてます。アッコさんの功績を考えて、ちゃんと花道を飾ってあげるべき」とNHKを公然と批判。
どうやら、NHKとホリプロとの間に“しこり”ができるほど、今回の選考は揉めてしまったらしい。

「バラエティー番組などで“ご意見番”のイメージが強いアッコさんですが、『自分は歌手』という強烈な自負があるんです。
だから、音楽番組の代表でもある紅白に対しては“特別な思い”があった。そのため、歌う前は子犬のようにブルブル震えるほど緊張を見せるんです。
終われば、顔なじみの記者や関係者らとワイワイやるのが恒例でした。それだけに、本人のショックは計り知れません」(スポーツ紙記者)

■「見たくない」は異例の発言

当の和田は、26日のラジオ番組で「毎日泣いた」「今回は(紅白を)見たくない」「(年末は)海外に行きたい」「NHKはスクランブルをかけてほしい」と冗談ながらも怒りをぶちまけている。
かつて、紅白を引退した北島三郎が「大みそかは家にいたが、紅白は見なかった」と告白したことはあったが、始まる前から「見たくない」と宣言するのは異例だ。

それほどショックなのはわかるが、過去には一度紅白を辞退した島倉千代子が、
「人生いろいろ」のヒットにより再び紅白に出場した例もある。和田だって再びヒット曲を出せば、復帰できる可能性はある。
しかし、今回の「見たくない」宣言がNHKサイドを刺激した可能性があるという。

「一度落選したからといって、NHKに後ろ足で砂をかけるような物言いはマナーが悪すぎる。
実は、紅白に強い影響力を持つ“芸能界のドン”も数年前からアッコさんを落としたがっていただけに、“紅白復帰”はしばらくないかもしれません」(業界関係者)

このまま紅白から“永久追放”の可能性もある。

http://news.livedoor.com/article/detail/12346179/
2016年11月29日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

title="この記事の続きを読む">

【超速報】落選した和田アキ子がNHKと紅白歌合戦の闇を暴露 → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

9708616_324x486

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/28(月) 01:23:15.60 ID:CAP_USER9
◆落選した和田アキ子がNHKと紅白の闇を暴露!「大河の事務所は強いっていうのに、関係なかった」発言が意味するものとは?

女性歌手としては単独で歴代No.1となる連続出場記録31回、そして自身の40回めという記念すべき2016年の紅白歌合戦に選ばれなかった和田アキ子さんが、26日に出演したラジオ番組で事務所批判、または紅白出場歌手選出の闇を暴露するような発言をして話題になっています。
11月24日に紅白出場歌手が発表され、自身の落選が明らかになったあと、和田さんは所属事務所であるホリプロを通じてマスコミ各社に「とても残念」「正直悔しい気持ちも」もあるとしながら、感謝の気持ちも綴っていました。

「これも、これからの歌手人生のための1つの通過点と思っております。和田アキ子は、これからも、歌い続けていきます!!! 」
このような前向きなコメントから、「意外と潔い?」とも思われたのですが、やはり実際は未練たらたらだったようで、紅白落選後初の生放送となるラジオでは、次のように発言しています。

***********
[以下引用]

和田は「正直な気持ちを言えば、言いたいことがいっぱいある」としたが、あえてそれは言わず、「もう落ち着いているんです。こんなに人が優しいと感じる私に戻してくれたことに感謝したい」と大人の対応。

また、「もう通過点ですから」とした後、「今回は(紅白を)見たくない。とっとと日本を後にしたい。NHKだけスクランブルかけて欲しい」と冗談めかして話し、紅白の話題を締める際には「和田アキ子は永遠に不滅です!」と前向きだったのだが…

「聞き捨てならなかったのが思わず漏れた和田の本音。再来年、事務所の後輩の鈴木亮平が大河ドラマ『西郷どん』の主演を務めるが、和田の口からは『大河やるんだから、その事務所は強いって言うのに、関係なかった』とまるで事務所の上層部に対する批判ともとれる発言が飛び出した。たしかに、所属事務所は鈴木が堤真一の代役を引き受けただけにそれがNHKに対する“貸し”になったかと思ったようだが、NHKとすれば鈴木を抜てきした、という意識だけに、和田を紅白にとどめる理由はなかった」(音楽業界関係者)

[リアルライブ]
***********

和田さんの発言から、なんかちょっといろいろ推測したくなりますよね。
一つはっきりしているのは、出場する歌手は必ずしも本人の実力で決まっているわけではないということを言っているということです。
「大河やるんだから、その事務所は強いって言うのに」ですからね。

まあ、その辺は公然の事実な部分であったとはいえ、落選直後に注目されているところでこういう発言は、考えなしのなのか、または逆によく考えているのかわかりません。
もちろん、鈴木亮平さんは良い俳優だと思いますし、若手で西郷隆盛を演じるなら良い選択だったと思います。
ですが、もしかするとホリプロは鈴木さんをキャスティングしてらう代わりに、今後は和田さんの紅白出場は諦めるなんて取引があったのかもなんて思ったり。

とはいえ、30年間毎年年末に出場してきた紅白に今年は出ないということが、66歳の和田アキ子さんにとってショックじゃないわけがありません。
今日の『アッコにおまかせ』でもなんだかんだと放言するのでしょうが、それも仕方ないんでしょうね。
ところで、和田さんの落選については、今日の午前中に放送されたフジテレビ系「ワイドナショー」で、松本さんが興味深い発言をしています。

***********
[以下引用]

「NHKさんがマンネリをダメやと思っているのかとびっくりする。風物詩はマンネリの極致なんですよ。マンネリをやめちゃったら紅白のよさが何一つない。毎年ちょっとのマイナーチェンジ、脱皮くらいでいい。今年はもう、身をえぐっちゃってるというか、シェイプアップしすぎ」

「ネットの意見を見すぎてる。一般の意見とは必ずしもイコールではないから無視していいと思うんですよ。頑張ってマンネリを貫くと。視聴者との我慢対決に勝てるかどうかですよ、マンネリって。(NHKは)スポンサーも関係ないわけやし。若者をもっとって言っているわりには、初出場の人もなんで今なんやろという」

[オリコンスタイル]
***********

「風物詩はマンネリの極致」というのは、一理あるなあと。
もしかしたら、“マンネリ歌手枠”と“その年に活躍した歌手枠”のバランスが取れている紅白が、もっとも理想的な形なのかも?

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

芸能スクープ、今旬ナビ!! 2016年11月27日11:42
http://www.imashun-navi.com/article/444374230.html

title="この記事の続きを読む">

【超速報】タレント・和田アキ子が紅白歌合戦に落選して毎日泣いていた事が判明 → その結果wwwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/27(日) 05:51:45.27 ID:1MLjInSM0
 大みそかNHK紅白歌合戦出場を逃した歌手和田アキ子(66)が26日、ニッポン放送「和田アキ子のいいかげんに1000回」に出演し、紅白への思いを生の声で初めて語った。

 知らせを受けてからは「毎日泣いていた」というほどショックを受けたという。
「私の正直な気持ちを言えば、言いたいこともいっぱいあります」。納得いかない部分もあるが「ランキングで1位になったこともない。記録には残ってないけど、記憶には残ってると思う」と自負した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161127-01743803-nksports-ent

号泣する和田アキ子
no title

title="この記事の続きを読む">

【超驚愕】和田アキ子「今年は紅白見たくない。とっとと日本後に」 → その結果wwwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/11/26(土) 12:36:19.91 ID:CAP_USER9
 歌手の和田アキ子(66)が26日、ニッポン放送
「ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回」(土曜、前11・00)に生出演。
不出場となった大みそかの「第67回NHK紅白歌合戦」について、
「まぁ、結果ですから。言いたいこと、いっぱいあります。こんなに人の優しさが分かる
私に戻してくれて、紅白には感謝しないと。何も私は変わりません。歌い続けます。
和田アキ子は不滅です」と前向きに語った。

 紅白に和田は女性歌手歴代最多の39回出場し、司会を3回、トリを6回務めた。
今年は節目となる通算40回の出場がかかっていたが、落選となった。30年連続で
出演していたとあって、
「(年末の)29日のリハから用意して、1日に外国に行くのが毎年恒例になってたから、
ルーティーンをどう変えるか。今年は(紅白を)見たくないですね。とっとと日本を後にして」
と悔しさもにじませた。
 和田は生放送の開始1時間前に、チェック柄のジャケットを羽織り、サングラスをかけて
ラジオ局入り。デイリースポーツの問いかけに口を開くことはなかったが、大きく左手を挙げて、
局の中へと入っていった。

 今年の紅白出場歌手は24日に発表され、宇多田ヒカルら初出場10組を含む、
46組が決定。会見後に取材に応じたNHKの矢島良制作局エンターテインメント番組部
チーフプロデューサーは、和田の落選について、「紅白の歴史の中で紅組リーダーとか、
司会とか、多大なるご協力をたまわってきて感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、
今年は総合的な選考の中で判断させていただいた」と説明していた。

http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/26/0009699783.shtml
http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/26/0009699783.shtml?pg=2
ラジオ局入りする和田アキ子=東京・有楽町
no title

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村