覚せい剤

【衝撃画像】元プロ野球選手・清原和博さん(49)の最新の姿がコレwwwwwwwwwwwwww

no title
1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/04/17(月) 15:54:53.37 ID:erWgyeCB0?2BP(1020)

no title

no title


清原和博氏、親友の急死で消えた「焼肉店プラン」再起の道は闇へ
http://news.livedoor.com/article/detail/12945222/

title="この記事の続きを読む">

【速報】元プロ野球選手・清原和博がガチでヤバイ事になってる件 → まさかここまで・・・・・・・・・・・・・・・

20161110i

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/04/13(木) 09:44:37.15 ID:CAP_USER9
「いよいよ、ヤバイ状況になってきた」

そうこぼすのは、芸能関係者だ。2016年6月に覚醒剤取締法違反で懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決が確定した元プロ野球選手の清原和博氏が失意のドン底にいる。
「後見人」「弟分」と呼ばれた男性Aさん(43)が4月8日に都内で“謎の死”を遂げたのだ。

Aさんは東京・六本木で飲食店を経営。16年3月に清原氏が保釈された際は、自ら車で出迎え、千葉の病院まで送り届けた。病院に集まった報道陣に焼肉弁当をふるまったのも、同氏だった。
前出関係者によれば「Aさんは清原の大ファンで、逮捕前はプライベートの運転手も務めていた。
清原の面倒を見ていたのはAさんで、一緒にゴルフや国内旅行に出掛けていた。
逮捕後、それまで親しかった人が清原の元を離れていくなか、Aさんは変わらず交遊を続けていた。清原は『親友はアイツだけや』と公言していた」という。

Aさんの死因については不明だが、遺体は司法解剖に回されたという。
スポーツ紙記者は「持病が悪化し容態が急変したという話もあるが、プライベートで女性トラブルを抱え『死んでやる!』とわめいていたという情報もある。
当局は自殺の線も含めて捜査している」と話す。

親友の急死に清原は意気消沈。
Aさんの出身地である愛知県稲沢市で11日午後8時に営まれた葬儀に参列したものの、
目はおぼろげで、マスコミの取材には「あまりのショックに言葉が出ません」と力なく答えるのがやっとだった。

清原は薬物依存を断ち切るため、地元大阪の病院に入院していたが、昨年末までに都内に移住。
“完治”したわけではなく「入院生活に飽きてしまったというのが正直なところ」とは関係者。
その後はAさんらと派手に飲み歩く姿も目撃されていた。

「持病の糖尿病も悪化し、即入院レベルのようです。薬物治療も途中で投げ出してしまった。
これまではギリギリのところでAさんが手綱を引っ張っていたが、彼もいなくなってしまった。
もともとメンタルの弱い清原だけに、自暴自棄にならないか心配です」とは前出の芸能関係者。

現在は何をしでかすかわからない清原を格闘技関係者が“保護”しているという。
現実逃避のために、再び薬物に手を出さなければいいが…。

http://dailynewsonline.jp/article/1300041/
2017.04.13 09:00 トカナ

title="この記事の続きを読む">

【超速報】C・W・ニコルさんの娘のニコル・亜莉紗が覚せい剤使用で逮捕 → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

nicol

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/02/09(木) 11:45:23.87 ID:CAP_USER9
◇警視庁渋谷署が覚せい剤取締法違反容疑で

警視庁渋谷署が自称長野県信濃町居住で職業不詳、
ニコル・亜莉紗(ありさ)容疑者(31)を覚せい剤取締法違反(使用)容疑で7日に逮捕していたことが、同署への取材で分かった。ニコル容疑者は作家のC・W・ニコルさんの娘で、妊娠中という。

逮捕容疑は昨年11月ごろ、東京都内またはその周辺で覚醒剤を使用したとしている。
情報提供などに基づき、尿を採取して鑑定した結果、陽性反応が出たという。

同署によると「弁護士が来てから話します」と話しているという。
同署は入手経路などについても調べる方針。【斎川瞳】

毎日新聞 2/9(木) 11:37配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000032-mai-soci

title="この記事の続きを読む">

【悲報】小向美奈子が語る刑務所独居房生活をご覧ください・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a8b0452fac43846cffc5377ac82ec9300fd1b1291484008478

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/01/10(火) 07:09:09.56 ID:CAP_USER9
グラビアアイドルが覚醒剤取締法違反で逮捕。その後ストリッパーとAV女優に転身したが、再び覚醒剤で逮捕され、服役することに……。
小向美奈子(31)は、まさに「流転の人生」を送っている。2016年12月、ストリップの舞台に戻った彼女が、1年3カ月の刑務所生活を告白する。

「(2015年2月に)逮捕された時は悔しいというより、これも運命だと。刑務所に入れば、色んな事をリセットできる。どこかホッとした思いがありました」

 こう語る小向が、栃木刑務所を仮出所したのは16年7月。11月に新作のAVが発売され、12月16日から30日まで横浜ロック座で踊っていた。小向が言う。

「刑務所では独居房にいました。というのも入所する際、性的な嗜好を申告することになっていて、私はバイセクシャルの欄に○を付けた。それで独居房に入れられたのでしょう」

 独居房は4畳ほどで、大きめの窓とトイレがあるだけだったが、

「刑務所の1日は起床、朝食の後、7時半からの作業で始まる。私は裁縫の担当で、ミシンでバレエシューズを作っていました。作業は12時まで行い、1時間の昼食と自由時間を挟み、作業を16時まで続けます」

■16歳で『人生論』
 作業終了後、就寝・消灯まで4時間あったそうで、

「刑務所に入ると禁欲生活を強いられますが、私はさほど苦にならなかった。クスリと言っても、私は中毒になるほど嵌(はま)っていたわけじゃない。
むしろ最初苦しんだのはお酒とタバコ。特にお酒です。元々、私は他人と一緒にいることが苦手で、その緊張を紛らわせようと、10代の頃からお酒を飲み始めました。

クラブ通いをして朝まで飲み、20代になると、夜12時くらいから翌日の昼までずっと飲み続ける生活をしていた。
好きなのは焼酎で、『吉四六(きっちょむ)』をお茶割りでボトル3本、毎日空けていたんです。ですから、クスリではなく、お酒の禁断症状に悩まされました」

 独居房での生活は、むしろ他人との接触を断って、独りの時間を確保できるので有り難かったという。

「意外かもしれませんが、房では読書をしていました。刑務所の図書館からトルストイの『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』を借りましてね。
『戦争と平和』は4巻もあって、登場人物も多い。最後まで読むのが大変でした。『アンナ……』は、主人公のアンナを通じて、女性の生き方をずいぶん考えさせられた。

実は、16歳の時に『人生論』を読みました。私なりに内容を解釈すると、人は恋愛とか宗教、色んなものに頼ったり、酔ったりしないと生きていけない。
弱い自分を何かで補って生きるのだ、と。この考えが好きで、塀の中でトルストイを読んだんです」

 ハリー・ポッターシリーズも全巻読破したという。

「英国の官能小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』も面白かったです。美しい女子大生が、ハンサムでリッチなビジネスマンと恋に落ちる話ですが、
この男にはSMの趣味があって、段々異常な性愛に目覚めていくというストーリー。
最近、SMもののDVDの撮影が多いんですが、仕事柄、支配されていく女の子の気持ちが何だか分かるような気がします」

 トルストイは「孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる」と言った。小向も独居房で自分を見つめ直すことができたのだ。

デイリー新潮 1/10(火) 6:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00516316-shincho-ent

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170110-00516316-shincho-000-view.jpg

title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村