覚せい剤

【悲報】小向美奈子が語る刑務所独居房生活をご覧ください・・・・・・・・・・・・・・・・・・

a8b0452fac43846cffc5377ac82ec9300fd1b1291484008478

1: 超速V話題のまとめちゃん 2017/01/10(火) 07:09:09.56 ID:CAP_USER9
グラビアアイドルが覚醒剤取締法違反で逮捕。その後ストリッパーとAV女優に転身したが、再び覚醒剤で逮捕され、服役することに……。
小向美奈子(31)は、まさに「流転の人生」を送っている。2016年12月、ストリップの舞台に戻った彼女が、1年3カ月の刑務所生活を告白する。

「(2015年2月に)逮捕された時は悔しいというより、これも運命だと。刑務所に入れば、色んな事をリセットできる。どこかホッとした思いがありました」

 こう語る小向が、栃木刑務所を仮出所したのは16年7月。11月に新作のAVが発売され、12月16日から30日まで横浜ロック座で踊っていた。小向が言う。

「刑務所では独居房にいました。というのも入所する際、性的な嗜好を申告することになっていて、私はバイセクシャルの欄に○を付けた。それで独居房に入れられたのでしょう」

 独居房は4畳ほどで、大きめの窓とトイレがあるだけだったが、

「刑務所の1日は起床、朝食の後、7時半からの作業で始まる。私は裁縫の担当で、ミシンでバレエシューズを作っていました。作業は12時まで行い、1時間の昼食と自由時間を挟み、作業を16時まで続けます」

■16歳で『人生論』
 作業終了後、就寝・消灯まで4時間あったそうで、

「刑務所に入ると禁欲生活を強いられますが、私はさほど苦にならなかった。クスリと言っても、私は中毒になるほど嵌(はま)っていたわけじゃない。
むしろ最初苦しんだのはお酒とタバコ。特にお酒です。元々、私は他人と一緒にいることが苦手で、その緊張を紛らわせようと、10代の頃からお酒を飲み始めました。

クラブ通いをして朝まで飲み、20代になると、夜12時くらいから翌日の昼までずっと飲み続ける生活をしていた。
好きなのは焼酎で、『吉四六(きっちょむ)』をお茶割りでボトル3本、毎日空けていたんです。ですから、クスリではなく、お酒の禁断症状に悩まされました」

 独居房での生活は、むしろ他人との接触を断って、独りの時間を確保できるので有り難かったという。

「意外かもしれませんが、房では読書をしていました。刑務所の図書館からトルストイの『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』を借りましてね。
『戦争と平和』は4巻もあって、登場人物も多い。最後まで読むのが大変でした。『アンナ……』は、主人公のアンナを通じて、女性の生き方をずいぶん考えさせられた。

実は、16歳の時に『人生論』を読みました。私なりに内容を解釈すると、人は恋愛とか宗教、色んなものに頼ったり、酔ったりしないと生きていけない。
弱い自分を何かで補って生きるのだ、と。この考えが好きで、塀の中でトルストイを読んだんです」

 ハリー・ポッターシリーズも全巻読破したという。

「英国の官能小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』も面白かったです。美しい女子大生が、ハンサムでリッチなビジネスマンと恋に落ちる話ですが、
この男にはSMの趣味があって、段々異常な性愛に目覚めていくというストーリー。
最近、SMもののDVDの撮影が多いんですが、仕事柄、支配されていく女の子の気持ちが何だか分かるような気がします」

 トルストイは「孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる」と言った。小向も独居房で自分を見つめ直すことができたのだ。

デイリー新潮 1/10(火) 6:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170110-00516316-shincho-ent

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170110-00516316-shincho-000-view.jpg

title="この記事の続きを読む">

【超速報】釈放されたASKAがお茶にすり替えた『本当の理由』をご覧くださいwwwwwwwwwwwwwwww

post_17518_20161220

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/12/20(火) 12:42:09.82 ID:CAP_USER9
覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕され、19日に嫌疑不十分で不起訴処分となり釈放された歌手のASKA(本名宮崎重明、58)が20日、自身のブログを更新。採尿の際に、お茶とすり替えた理由をつづった。

 捜査員が「尿」として任意で採取し、鑑定で陽性反応を示した液体が、ASKAの尿とは立証できず、嫌疑不十分として不起訴処分に。ASKAは「あらかじめ用意したお茶」と供述していた。

 14年に逮捕された際に抱いた警察への不信感などから、「もう何をやっても(警察が)事件にしようとするだろう」と考え、「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかったときには、素直に検尿に応じればいい」と決断。「これは、僕の斜めからの思考だと思ってください。ちょっと、意地悪な回路をくぐり抜けたのがしれません」と、すり替えるまでに至った経緯を明かした。

 尿を出せば、警察に「必ず、陽性にされてしまう」という思いがあったことも吐露。お茶にすり替えたにもかかわらず、「3日目には、陽性となりました。ありえません」と不信感をにじませ、「この経緯に関しては、もう少し語らなくてはならなくてはならないことがあります。近いうちに、詳細をお伝えさせてください」と締めくくった。

スポニチアネックス 12/20(火) 12:33配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000100-spnannex-ent

title="この記事の続きを読む">

【速報】覚せい剤で逮捕されたASKAが釈放後にブログを更新した結果 → こうなる・・・・・・・・・・・・・・・・・

post_17518_20161220

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/12/19(月) 21:06:13.22 ID:CAP_USER9
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000579-sanspo-soci
サンケイスポーツ 12/19(月) 21:03配信

 東京地検は19日、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明、58)について、嫌疑不十分のため不起訴処分とした。ASKAは同日午後7時10分、多くの報道陣が駆けつける中、身柄を勾留されている警視庁東京湾岸署から釈放された。逮捕時と同じグレーのジャケット姿のASKAは、左手をズボンのポケットに入れて玄関に姿を現すと、時折口元に笑みを浮かべながら用意された黒いワンボックスカーへと足早に歩き去った。報道陣からの問いかけには応じず、何度か頭を下げながら車に乗り込んだ。

 ASKAはその後、ブログを更新。「無罪です。様々なことは、また、改めて書かせていただきます。すべての行動には、理由があります。いまは、それしかお伝えできません。予定が、20日間もズレてしまいました。こんなところで止まっているわけにはいきません。やれることを、やらなくては。みなさんを、最高のアルバムでお待ちします。今日は、少し疲れてます。おやすむね。みなさん、信じてくれてありがとう」とつづった。

title="この記事の続きを読む">

【超速報】覚醒剤で逮捕されたASKAが不起訴で釈放 → その結果・・・・・・・・・・・・・・・・・

post_17518_20161220

1: 超速V話題のまとめちゃん 2016/12/19(月) 19:09:02.75 ID:CAP_USER9
◆「ASKAさんが尿すり替え」 警視庁、捜査経緯を説明

ASKAさんが不起訴処分となったことを受けて、警視庁は19日夕、捜査の経緯を説明した。

組織犯罪対策5課によると、ASKAさんは11月25日夜、自宅で任意の尿検査に応じ、
この尿を用いた鑑定で覚醒剤の陽性反応が出たため、警視庁が28日に逮捕した。

ASKAさんは容疑を一貫して否認し、「あらかじめ用意したお茶を尿のかわりに採尿カップに入れた」と話したという。

任意で尿を採取した際、警察官と妻が立ち会っていたが、同課は「手元まで確認することは困難だった」としており、
ASKAさんの話を覆す証拠が得られなかったと説明した。

朝日新聞デジタル 2016/12/19(月) 18:37
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000068-asahi-soci


title="この記事の続きを読む">
おすすめ記事
今話題の記事wwwww
話題の下着ちゃんwwww
最新記事(画像付)
オススメ記事
アクセスカウンター
  • 累計:

忍者カウンター
アクセスランキング FXの説明 ブログパーツ にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村